洗面所のトラブル

水栓の交換

水栓(蛇口)が古くなって新しいものに取り替えたい場合や、自分好みのおしゃれな水栓に取り替えたい時などの、水栓の交換方法です。

新しい水栓の購入の注意点や、水栓交換の手順を水栓のタイプ別にまとめています。

水栓を交換する際、専門の水道業者でないと無理だと思われるかもしれませんが、きちんと注意点を押さえておけば、家庭でもDIYが可能です。
必要な工具を用意して、自分自身で交換を行うことで、その後の水漏れなども自分で直すことができるようにもなります。

水漏れを起こさないように、部品と部品の接続部分のパッキンやシールテープの取り付けには注意して、無理のない範囲で行ってください。

解決方法

水栓交換の準備

まずは水栓交換の準備をしていきましょう。

現在の水栓の状態を確認しよう

水栓のタイプを確認する

水栓は機能と取り付けられ方によって、「壁付き単水栓」、「壁付き混合水栓」、「一つ穴台付き混合水栓」、「二つ穴台付き混合水栓」の4種類に分けられます。

この取り付け方のタイプによって、交換の仕方が異なります。

ご自宅の水栓が、どのタイプか、確認しましょう。

壁付き単水栓

壁に取り付けられているもののうち、温度調節ができず、水かお湯しか出ないものを、単水栓と言います。

ハンドルが上についている、いわゆる「蛇口」の形をしているものです。

壁付き混合水栓

壁にとりつけられているもののうち、温度調節をすることができる水栓を、壁付き混合水栓と言います。

温度調節をするレバーやハンドルがあります。

壁にハの字に取り付けられた、クランクという脚の金具が二つあるのが特徴です。

一つ穴台付き混合水栓と二つ穴台付き混合水栓

台付き混合水栓は、シンクや洗面台の平らな面の上に乗っかるように取り付けられています。

温度調節をするレバーやハンドルがあります。

そのタイプのもののうち、取り付け部分が横に広がっていないものは、「一つ穴」タイプです。

取り付け部分が横に広がっているものは、「二つ穴」タイプです。

水栓の交換の仕方に違いがあるので、どちらのタイプか確認しておきましょう。

新しい水栓を購入しよう

水栓の購入方法

水栓は、ホームセンターやネットで購入することができます。

価格帯は数千円から数万円まで幅広くあり、特別な機能(水をシャワー状に出せる・水がスイングしながら出る、など)がついていると、価格も上がります。

ご自身のニーズに合ったものを購入しましょう。

購入の際の注意点

新しい水栓を購入するときには、今ある水栓と同じ取り付けタイプのものを、選びましょう。

取り付けタイプとは、上で確認したような、「壁付き単水栓」、「壁付き混合水栓」、「一つ穴台付き混合水栓」、「二つ穴台付き混合水栓」の4種類のことです。

違うタイプの水栓を買っても取り付けられないので、注意しましょう。

工具を揃えよう

ナットを回すために使う、モンキーレンチが必要です(壁付き単水栓以外のすべてで使用)

また、上面施工アダプターのねじを回すために、六角レンチやプラスドライバーが必要になります(一つ穴台付き混合水栓と、二つ穴台付き混合水栓で使用)。

水栓と壁の接続には、シールテープが必要です(壁付き単水栓と壁付き混合水栓で使用)。

そして、もしご自宅の止水栓が、マイナスドライバーで開け閉めするものなのであれば、マイナスドライバーも必要です。

これらはすべて、ホームセンターで購入することができます。

水栓の交換方法

一つ穴台付き混合水栓の場合

手順1 止水栓を止める

作業中に水が噴き出してしまわないように、最初に止水栓を止めます。

水栓が取り付けられているシンクや洗面台の下に、ハンドルがある場合はそのハンドルを締めましょう。

ハンドルではなくマイナスネジがある場合は、マイナスドライバーでネジを締めましょう。

どちらもない場合は、家の水道メーターの横にある家全体の水道の元栓を、手でハンドルを回して締めましょう。

手順2 給水管・給湯管のナットを外す

水栓が取り付けられているシンクや洗面台の下には、水栓から出た2本のホースがそれぞれ給水管、給湯管につながっている部分があります。

どちらもナットでつながっているので、モンキーレンチで回し、取り外しましょう。

手順3 水栓下のナットを外す

水栓が台に取り付けられている部分の裏側に、取り付けのためのナットがあります。

これをモンキーレンチで回し、取り外しましょう。

手順4 古い水栓を外す

先に、水栓の下の2本のホースをまっすぐにして、取り付け部分の穴を通るようにしておきましょう。

それから、水栓を上から引き抜きましょう。

手順5 上面施工用アダプターを取り付ける

新しく購入した水栓に付属している、上面施工用アダプターを、取り付け部分の穴に取り付けましょう。

上面施工用アダプターには、上に来る部分と下に来る部分があります。

新しい水栓の取扱説明書を参考に、上面施工用アダプターの下部分を穴から通しましょう。

そうしたら、上面施工用アダプターの、水栓本体との接続部分のネジ穴が正面に来るように、方向を調整しましょう。

方向が正しいことを確認して、上面施工用アダプター自体のネジを締め、取り付け部分の板を挟み込むように固定します。

ネジの形状によって、プラスドライバーと六角レンチを使い分けましょう。

手順6 新しい水栓を取り付ける

まず、上面施工用アダプターに、新しい水栓の給水ホースと給湯ホースを通しましょう。

それから、水栓本体を上面施工用アダプターにはめてから、上面施工用アダプターの正面のネジをプラスドライバーで締め、水栓を固定しましょう。

手順7 給水管・給湯管に水栓付属のアダプターを接続する

新しく購入した水栓に付属している、給水管・給湯管とホースをつなぐための二つのアダプターを、給水管・給湯管に取り付けます。

付属のナットをモンキーレンチで締め、接続します。

手順8 アダプターに給水ホース・給湯ホースを差し込む

手順7で取り付けた二つのアダプターそれぞれに、給水ホースと給湯ホースを差し込みます。

向かって右側のアダプターに給水ホースを、向かって左側のアダプターに給湯ホースを、それぞれ間違えないようにして、カチッと差し込みましょう。

手順9 止水栓を開ける

止水栓を開けて、水やお湯が出るのを確認したら、作業終了です。

二つ穴台付き混合水栓の場合

手順1 止水栓を止める

作業中に水が噴き出してしまわないように、最初に止水栓を止めます。

水栓が取り付けられているシンクや洗面台の下に、ハンドルがある場合はそのハンドルを締めましょう。

ハンドルではなくマイナスネジがある場合は、マイナスドライバーでネジを締めましょう。

どちらもない場合は、ご自宅の水道メーターの横にある家全体の水道の元栓を、手でハンドルを回して締めましょう。

手順2 給水管・給湯管のナットを外す

水栓が取り付けられているシンクや洗面台の下には、水栓から出た2本のねじ部分がそれぞれ給水管、給湯管につながっている部分があります。

どちらもナットでつながっているので、モンキーレンチで回し、取り外しましょう。

手順3 水栓下のナットを外す

水栓が台に取り付けられている部分の裏側に、取り付けのためのナットがあります。

今回は二つ穴台付き混合水栓なので、二つの穴それぞれに、ナットがついています。

これをそれぞれモンキーレンチで回し、取り外しましょう。

手順4 古い水栓を外す

水栓を、上から引き抜きましょう。

手順5 新しい水栓を差し込む

新しく購入した水栓を、上から、二つの穴に水栓のねじ部分が合うように、差し込みましょう。

手順6 水栓下のナットを締める

水栓に付属している二セットの座金・パッキン・ナットを、二つのねじ部分にそれぞれはめ込み、天井部分まで寄せるように、ナットをモンキーレンチで回して締めます。

これで水栓を台に固定することができます。

手順7 給水管・給湯管のナットを締める

給水管・給湯管の先端と、水栓下の二つのねじ部分を、それぞれモンキーレンチでナットを締めて接続します。

手順8 止水栓を開ける

止水栓を開けて、水やお湯が出るのを確認したら、作業終了です。

壁付き混合水栓の場合

手順1 止水栓を止める

作業中に水が噴き出してしまわないように、最初に止水栓を止めます。

ご自宅の水道メーターの横にある止水栓を、手でハンドルを回して締めましょう。

手順2 クランクのナットを緩める

クランクと水栓の間のナットをモンキーレンチで緩めます。

手順3 古い水栓を外す

古い水栓をクランクから取り外します。

水栓の中からの水漏れに注意が必要です。

ぞうきんとバケツを用意して、思わぬ水漏れに対処できるようにしておきましょう。

手順4 クランクを外す

二つのクランクをそれぞれ回して、壁から外します。

手順5 新しいクランクにシールテープを巻く

新しい水栓のクランクに、シールテープを7,8回巻きます。

壁の穴と比べて、クランクのねじ部分が小さければ、同じくらいの大きさになるまでシールテープを巻き足します。

手順6 新しいクランクを取り付ける

新しい水栓に付属している2つのクランクを、回して壁に取り付けます。

この時、2つのクランクがハの字になるように、クランクの回転角度を調整します。

手順7 新しい水栓を取り付ける

新しい水栓を、それに付属しているナット、パッキンを使ってクランクに取り付けます。

ナットを水栓の裏側にはめて、クランクにあてがいながら、モンキーレンチで締めます。

手順8 止水栓を開ける

止水栓を開けて、水やお湯が出るのを確認したら、作業終了です。

単水栓の場合

手順1 止水栓を止める

作業中に水が噴き出してしまわないように、最初に止水栓を止めましょう。

ご自宅の水道メーターの横にある止水栓を、手でハンドルを回して締めましょう。

手順2 古い水栓を回して外す

古い水栓を壁から取り外します。

水栓を手で握り、反時計回りに回すと外れます。

手順3 新しい水栓にシールテープを巻く

新しい水栓のねじ部分にシールテープを7,8回巻きます。

壁の、古い水栓が付いていた穴と、新しい水栓のねじ部分とを見比べて、穴が大きいようであれば、シールテープを大体同じくらいの大きさになるまで巻き足しましょう。

手順4 新しい水栓を取り付ける

新しい水栓を、壁の穴にはめて、回して取り付けましょう。

手順5 止水栓を開ける

止水栓を開け、水が出ることを確認したら、作業終了です。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定