洗面所のトラブル

レバー水栓の修理・取付

レバー水栓の修理・取付

洗面台にある水栓の修理・取り付けを行う際は、以下の作業工程にて取り付け作業を行って下さい。


手順1

洗面台の下にある扉を開けると、2本の給水給湯管がありますので、そこにある止水栓をハンドルかドライバーを使って締めて水が出ないようにして下さい。 ハンドルとドライバーのどちらを使用するかは、給水給湯管のタイプによって違いますので、ご自宅の給水給湯管に合った方法を選んでください。 止水栓を締めない場合は、元栓を締めて水が出ないようにして下さい。


手順2

2本の給水給湯管の上部にナットがあり、そのナットは締まった状態になっています。 ナットをプライヤーかレンチを使用して緩めて、管と混合栓を分離させて下さい。


手順3

混合栓の根元の方にボルトを締める際に使用する座金がありますので、それもプライヤーを使って緩めて外して下さい。


手順4

1~3の作業工程を行って頂くと、混合栓自体が外れるようになります。


手順5

混合栓を外すと、お湯と水が流れる2つの穴が洗面ボールから見ることが出来ます。


手順6

2つの穴の円の中心と中心の距離をメジャーを使って測って下さい。


手順7

2つの穴の大きさを表す直径部分を測って下さい。


手順8

6と7で測ったものをメモをしておき、ホームセンターで新しいものを購入して下さい。


手順9

ホームセンターで購入するものは、2つ穴用のシングルレバー混合栓で、必ず6・7で測ったサイズのものを購入して下さい。 分からない場合は、ホームセンターのスタッフに聞いてみることを勧めます。


手順10

混合栓を取り付ける。


手順11

座金を締める。


手順12

管と混合栓を接合し、ナットを締める。


手順13

締めておいた止水栓か元栓を開放する。


取り付けの際には、ナットの内部のO字パッキンが古くなって劣化していることが多いですので、ナットも新しいものに交換をすると、なお良いでしょう。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定