洗面所のトラブル

洗濯機周りから水が漏れている

洗濯機周りからの水漏れ

洗濯機周りからの水漏れが、他の水漏れよりも、大惨事につながりやすいことをご存知でしょうか?

キッチンで食事の用意をしたり、洗い物をしたりする時、水を出しっ放しにしてその場を離れる人はほとんどいません。
洗面所で顔を洗ったり、歯磨きをしたりする時も同様です。
お風呂に入ったり、シャワーを浴びる時は言うまでもありません。
ところが、洗濯を始めてから、脱水が終わるまで、洗濯機の前で待つ人は、ほどんどいないはずです。

多くの場合、掃除などの家事や、別の用事を済ませたりしていると思います。
洗濯機を回しながら、買い物に出かける人も少なくないと思います。
そのような時、もし水漏れが発生してしまったら、どうなると思いますか?

水漏れに気づくのが遅れる分、対処の時間も遅れ、それだけ被害が拡大するのです。

自分の部屋が水浸しになるだけでも大変なことなのに、集合住宅だと下の階の住人にも多大なる迷惑を掛けることになり、ご近所の人間関係にもヒビが入りかねません。

大げさな言い方かもしれませんが、本当の本当に大惨事に発展しかねないのです。

洗濯機の周りは継ぎ目だらけ!

さらに、洗濯機の水回りをよく観察すると、パーツとパーツの「継ぎ目」が多いのが分かります。

蛇口の先には、ネジで留めるタイプのパーツがついており(ニップルと言います)、その先に給水ホースがあり、洗濯機に繋がっています。
排水部を見ても、蛇腹のホースがあり(場合によっては延長ホースも付いており)、それが排水エルボというパーツを介して、防水パン(洗濯パン)と言われる受け皿の排水口に繋がっているのです。

継ぎ目が多いということは、それだけ水漏れのリスクが高いと言えますし、排水ホースなどが劣化すると、ホースそのものから水漏れするケースも少なくないのです。

大惨事に発展しかねない洗濯機周りで、これだけ水漏れリスクが高い訳ですから、常日頃から水漏れ対策を講じるのはもちろんですが、ここでは万が一水漏れが発生した場合の対策を中心に紹介させていただきます。

解決方法

洗濯機周りの水漏れの最初の一手(応急措置)

水漏れを発見したら、真っ先に行わなければならないのは、水を止めることです。

蛇口周りだと思ったら蛇口を閉める、排水周りだと思ったら洗濯機からの排水を止めるのが第一です。

蛇口そのものからの水漏れの場合は、元栓を閉めてください。

「ガスの元栓は閉めたことがあるけど、水道の元栓は場所すら知らない」という人は、そういう時に備えて、元栓の場所を確認しておきましょう。

水漏れの場合、色々なことが頭をよぎって、パニックになりがちですが、そういう時こそ落ち着いて、冷静に、最初の一手を打ってください。

水漏れ箇所の確認

最初の一手で、パニック寸前にまでなった人は、無理をせず、専門の修理業者さんに依頼することをおススメします。

少し冷静でいられた人、そして自宅にDIY工具があるという人は、次のステップに進んでみましょう。

水を止めたら、水漏れ箇所を特定する必要があります。

水を止める時に確認できていればいちばん良いのですが、もし確認できていなかった場合は、大き目のタオルや、水を受けられる容器を用意して、少しだけ水を流してみてください。

落ち着いて観察できれば、水漏れ箇所の特定は、さほど難しくないと思います。

修理の前に

水漏れ箇所が分かると、すぐに工具で修理にとりかかりたい気持ちは分かりますが、その前にやることがあります。

水道の元栓を閉めることと、水が垂れても大丈夫なように、桶やタオルなどを準備することです。

水を止めても、各パーツの中には水が残っていますから、少しでも被害を拡大させないよう、できる限りの準備を行ってから、修理に取り掛かってください。

水漏れ箇所別の修理方法

蛇口上部のナット周辺の場合

まずは、モンキーレンチでナットを締めてみます。

これで水漏れが止まればラッキーです・・・が、かなり確率は低いです・・・。

ナットがきちんと締まっているようなら、次は内部にあるパッキンの劣化を疑います。

ウォーターポンププライヤーで、蛇口のてっぺんにあるカラービス(青っぽい色の場合が多い)を回して外します。

ハンドルが外れたら、その下にあるナットをモンキーレンチで外します。

この時、水が漏れてくると思いますので、用意しておいた桶やタオルなどを下に置いてください。

ナットが外れると、パッキンが顔を出します。

薄汚れているなあと思ったら、犯人の可能性が高いです。

DIY大好きのご家庭でしたら、パッキンの在庫もあろうかと思いますが、一般家庭にはなかなかパッキンはないと思いますので、薄汚れたパッキンを持ってホームセンターへ行き「これと同じパッキンをください!」と言えば、簡単に購入することができます。

パッキンが手に入ったら、逆の手順で、パッキン→ナット→ハンドル→カラービスの順に取り付けていき、念のため桶やタオルを下に置いたまま水を出して、問題なければ修理完了です。

蛇口下部のナット周辺の場合

蛇口上部のナットの場合とほぼ同じ手順になります。

まずはモンキーレンチでナットを締め、それでOKなら、修理完了です。

ダメな場合は、ナットを外し、パッキンが薄汚れているようだったら、交換すれば直る可能性は高いです。

ニップルと水栓の接続部の場合

ニップルからの水漏れは、洗濯機周りからの水漏れ原因のトップ3に入るのではないかと思います。

蛇口を閉めて水が出ていないのを確認できたら、作業しやすいように、一旦給水ホースを外します。

ホースを外す際、中に残っている水が垂れる場合がありますから、桶やタオルなどで水を受けるようにしてください。

次に、ニップルに付いている4本のネジを締め直します。

ご存知の通り、洗濯機は脱水時などを中心にかなりの振動がありますので、どうしてもネジが緩んでしまう場合があるのです。

また、長年使用していると、ニップルそのものや、中のパッキンが劣化しますので、その場合はニップルの交換が必要になります。

ホームセンターに行けばニップルを入手できますので、古いなと感じたら、交換した方が安心できると思います。

今あるニップルのネジを締め直す場合も、新しくニップルを買ってきて取り付ける場合も、4本のネジを均等に閉めないと、水漏れの原因になります。

蛇口に対してニップルがゆがんでいないかどうか、4本のネジが同じ程度の締め付け具合で取り付けられているかどうか、を念入りに確認してください。

最後に給水ホースを取り付け、水を出して、漏れていないことが確認できれば、修理完了です。

ニップルと給水ホースの接続部の場合

まずは、給水ホースを洗濯機に接続している部分から取り外します。

この際、中に残っている水が垂れる場合がありますから、桶やタオルなどで水を受けるようにしてください。

次に、給水ホースを蛇口側接続部から外します。

給水ホースの蛇口側の汚れや劣化が水漏れの原因になっている可能性があるので、汚れが目立つようならキレイに洗い、劣化がヒドイようなら給水ホース自体を交換します。

給水ホースを洗浄した場合も、交換する場合も、蛇口側→洗濯機側の順に接続し、蛇口をひねり、水が漏れていないことを確認できれば、修理完了です。

排水ホースの場合

給水ホースは水だけが流れますが、排水ホースは水以外にも汚れや洗剤など、様々なものが流れます。

洗濯機を置いている防水パンの大きさが十分でない場合、洗濯機の下で排水ホースが踏みつぶされていることもあります。

家によっては、屋外に洗濯機を置いている場合もあるので、室内に比べて劣化が早いこともあります。

このような過酷な状況で、排水ホースの劣化は避けることができませんので、定期的に補修したり交換しなければいけない運命にあるのです。

洗濯機自体が新しかったり、交換して間もない場合は、まずは補修がおススメです。

ホームセンターで蛇腹の排水ホースを補修するためのテープが売られているので、まずは入手してください。

準備が整ったら、次は排水ホースの掃除です。

洗濯機周りは湿気が多く、床に近いということでホコリも付きやすいので、そのままでは補修テープが威力を発揮できません。

穴が開いたり亀裂が入っている箇所を中心にキレイに掃除します。

掃除後、水気を充分にふき取ったら、補修テープの登場です。

商品によって仕様が異なるので、詳細は商品パッケージの説明通りにやっていただきたいのですが、どの商品を使う場合も共通しているのは、隙間なく、しっかり巻くということです。

テープを巻き終わったら、試しに水を流してみて、水漏れが無ければ補修完了です。

排水ホースが見るからに古い場合は、補修しても他の箇所から水が漏れる可能性が高いので、即交換がオススメです。

排水ホースと延長ホースの継ぎ目の場合

洗濯機周りのレイアウト上、排水ホースが排水口まで届かないため、延長ホースを付けているお宅もあると思います。

延長ホースを使うと、継ぎ目が1つ増えるので、やはり水漏れのリスクが高くなってしまいます。

排水ホースに延長ホースがしっかり差し込まれていない場合や、そもそもサイズが微妙にあっていない場合などが、水漏れにつながってしまいます。

このような時は、ビニールテープで補修します。

まずは、排水ホースと延長ホースの接合部付近を念入りにキレイにします。

汚れが残っていると、ビニールテープがしっかり付かず、さらなる水漏れを生むかもしれないからです。

キレイになったしっかり水気をとり、排水ホースに延長ホースをしっかり差し込みます。

サイズが微妙に合わない場合も、とにかく奥まで差し込みます。

その状態をキープして、接続部をビニールテープでしっかりと巻いていきます。

試しに水を流してみて、水漏れが無ければ補修完了です。

接続部はもちろんですが、多少広めの範囲を巻いた方が、より安心だと思います。

排水ホースと排水エルボの継ぎ目の場合

防水パンの排水口から、潜水艦の潜望鏡のように、ちょこっと顔を出している曲がった管をご存知でしょうか?

あまり目にすることがないかもしれませんが、これを排水エルボと言います。

洗濯機の排水ホースをここに繋ぐことによって、排水できるようになっているのです。

ここにも継ぎ目があります。。。

ここから水漏れしている場合の補修方法は、延長ホースとの継ぎ目の場合と同じく、ビニールテープでしっかりと巻くことです。

テープを巻く部分をキレイにし、充分に水気をとってから、ビニールテープを固く巻いていきます。

試しに水を流してみて、水漏れが無ければ補修完了です。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定