蛇口の修理

蛇口交換のやり方

水道の蛇口部分の水漏れに関するトラブルは多くの場合蛇口または蛇口関連パーツ(パッキンなど)を交換することにによって解決できる場合が多いです。

実際にやってみたらさほど難しくはないのでトライしてみましょう。

 

<目次>

【予防策】

パッキンの劣化による水漏れは消耗品ですので、定期的に交換するしかありません。ナットのゆるみによる水漏れは、定期的にナットをしめなおすか、衝撃で徐々にゆるんできますので、洗い物の際に食器をぶつけたりしないなど、衝撃を与えないようにする必要があります。

部品を交換するだけで解決する軽度の水漏れへの対処はこちらです。

 

【トラブルの原因】

水道蛇口からの水漏れの主な原因は、蛇口の構造的な繋ぎ目の部分の劣化・消耗によるものが代表的です。
蛇口の先端から水漏れをするもの、ハンドルの根元から水漏れするもの、水栓との繋ぎ目から水漏れするものなどは繋ぎ目の部品がゆるんでいたり、内部のパッキンが消耗してしまっている可能性が高いです。

 

解決方法

水道の蛇口から水が漏れてきてしまっている場合、蛇口を交換するために水道蛇 口を外さなければなりません。

 

また、水の出が悪いという場合にも水漏れを起こしている可能性があります。
蛇口からの水の出が悪い場合の対処はこちらです。

蛇口を外している間に水が出てこないよう、水道 の元栓を締めておくことを忘れないで下さい。
水道の元栓は、水道のメーターに 設置されていることがほとんどです。
賃貸マンションの場合は、建物でまとめて 水道メーターが設置されていることもありますので、元栓を閉められる際は、大屋さんか管理会社に確認をしてみるといいでしょう。

蛇口に付けられているパッ キンの交換を行わなければならない場合は、現在使用しているパッキンと同じサ イズのものを購入するようにして下さい。

屋外単水栓の交換についてはこちらをご確認ください。

蛇口を交換する時期

一般的には補修が不可能な不具合が発生した場合に交換しますが、使用年数で言えば15年ほど使用した蛇口はいつ壊れてもおかしくない状態です。

金属は腐食を起こすものなので、長年使っていると目に見えない部分が腐食を起こしている可能性もあります。

パッキンの交換程度で済むならばいいですが、不具合を起こした際に修理の料金が高くなるようでしたら交換したほうがいいかもしれません。
トラブルが起こっている箇所のみを修理するよりも、蛇口そのものを交換したほうが経済的な場合もあります。

蛇口の種類

蛇口の種類によって手順が違います。まずは交換したい蛇口がどのタイプなのか調べることから始めます。

ワンホールタイプ(ワンホール混合栓)

ワンホールタイプの水栓穴が1つで、蛇口がキッチン天板である台に取り付けられているものがワンホールタイプです。
取付穴自体はどのキッチンメーカーも共通でФ33mmから39mmなのでINAX、TOTOの蛇口など自分の好みのメーカー・蛇口に交換したりも可能です。

ワンホールタイプの蛇口の交換手順

ツーホールタイプ

ツーホールタイプ水栓穴が二つあり、蛇口がキッチン天板、もしくはステンレスプレートなどの台に取付けられているものをツーホールタイプ・ツーホール混合栓・台付2ハンドルと言います。別名デッキタイプとも呼ばれています。
取付ピッチ、いわゆる穴と穴の距離はどのメーカーも共通の規格のため全て203mmです。ただし正確な値が知りたい時は、キッチンカウンターの裏側から確認して測定する必要があります。

ツーホールタイプの蛇口の交換手順

壁つけタイプ

壁付きタイプの水栓名前の如く、蛇口が壁に取付けられているタイプを壁付きタイプといいます。壁付2ハンドルとも呼ばれます。
交換も容易にできるタイプで、壁付きタイプから壁付きタイプへの交換は比較的簡単にできるようです。

壁つけタイプの蛇口の交換手順

単水栓

単水栓水のみ、もしくはお湯のみを出す水栓です。
昔ながらのひねるタイプはもちろん、単水栓でもレバータイプのおしゃれな水栓が発売され、故障でなくともスタイリッシュなものや、センサー水栓などにつけかえをする人が増えています。

単水栓の蛇口の交換手順


 


ワンホールタイプの蛇口を自分で交換する手順

ワンホールタイプの蛇口を自分で交換する手順

手順1 水を止める

蛇口の交換手順1、止水栓を止めるまずは水を止めます。シンクの下(収納になっている部分)をチェックして、止水栓があれば閉めます。

止水栓はトイレのタンクに伸びている栓のように、ねじやマイナスドライバーなどで開閉が可能な水栓のことです。
止水栓が無い時は元栓を止めましょう。
給水管が壁の向こう側にあるという場合、よく壁を見ると点検口をドライバーで外せるようになっています。

 


手順2 既設の配管部分を撤去

止水栓から上を取り外します。
ナットをモンキーレンチなどで緩めます。
ワンホール水栓には、逆止弁という部品が通常ついています。給水ホース取り付けのアダプタのようなもので、この逆止弁までが蛇口の付属部品となります。
新しい蛇口にも付属されているものでなので、逆止弁まで含めて取り外します。


手順3 蛇口本体の固定ナットを外す

蛇口本体の裏側(根本)は六角ナットなどで固定されていますので、これもモンキーレンチなどで取り外します。狭い場所での作業になるため、手持ちの工具が使えるスペースがあるか、事前にチェックしておきましょう。
製品の種類やメーカーによってサイズが違うので一番苦労するところかも知れませんが、しめつけ工具で少し緩め、あとは手で廻して外せます。
もしくは最初から手で取れる場合もあります。
レンチでネジ部をキズを付けると外すことが困難になるので、ナットのみ外すように注意しましょう。ナットを挟む際、周りを傷つけないよう、布を噛ませるのもよいでしょう。

ワンホール混合水栓の取替の動画がありましたので、参考にしてみてください。

動画の水栓はシャワータイプなので、最後にシャワーを付ける手順があります。​


手順4 既設蛇口を引き抜く

止水栓からも、台所の天板からも外れたら、蛇口本体を上からゆっくりと引き抜きます。
蛇口本譚を外すと、通常直径33mmから39mm程度の穴が空いています。
この穴の直径が蛇口の取付穴のサイズです。
蛇口本体の直径が取付穴ではありません。
新しい蛇口を購入する際にはこの取付穴のサイズを目安にします。


手順5 新しい蛇口の部品と蛇口本体の取り付け

取付穴に、蛇口を固定するためのアダプタを取り付けます。
使用する金具によってタイプは様々です。新しく購入した蛇口と固定用金具の説明書をしっかりチェックします。最近の金具は、取付穴の上から本体を取付固定可能なものが主流です。
取付穴に固定用の金具を取り付けたら、蛇口本体を金具にはめ込んでネジで本体を固定します。
このとき、蛇口の方向に注意して取り付け、まず仮どめし、本体が浮いていない確認して本体を固定します。


手順6 逆止弁の取り付けと給水ホースの接続

新しい蛇口に、付属品である逆止弁(アダプター)を取り付けますが、取付ける前に逆止弁に新しいパッキンがついているか、逆に、元の給水管に古いパッキンが残っていないかを確認します。古いものを使用すると水漏れの元になります。
給水(給湯)ホースを逆止弁へ差し込みます。ホースの先にキャップがついている場合がありますので、その際は外します。差し込む際、ホースは強く曲げないように注意します。
カチッと音がするまで、しっかり奥まで差し込みます。


手順7 止水栓を開いて正常に水が出るかチェックする

取り付けは完了です。
止水栓を開き、スパウトからきちんと水が出るか、ホースの接続部分や水栓の根本などの隙間から水漏れがないかをチェックします。
全体の元栓で水を止めていた時は二人でチェックをしましょう。距離があると、水漏れした場合に被害が広がってしまうためです。一人が開けて、もう一人が水漏れチェックをします。
最後に、通水してから約5分後にもう一度確認をするようにしましょう。


ツーホールタイプの蛇口を自分で交換する手順

ツーホールタイプの蛇口を自分で交換する手順

配管位置の確認と蛇口の交換に必要な工具

洗面台の扉を開けると配管がありますが、金属の2本の配管は向かって右が水で左がお湯の配管と決まっています。
必要な工具は、マイナスドライバ、モンキーレンチかプライヤーです。

手順1 元栓を締める

蛇口の交換手順1、止水栓を止める止水栓がついている洗面台の場合は、水道の元栓をとめずに作業が可能ですが、
念のため水道の元栓を締めての作業をしたほうが良いでしょう。
止水栓はマイナスドライバで締め、給水・給湯管ともに同じ作業をしましょう。



 


手順2 ナットを外す

工具で洗面台の下に潜りこんでナットを外しますが、この時残留水が配管内に溜まっていると噴出すことがありますから雑巾などを準備しておきましょう。そして止水栓側も外します。


手順3 逆止弁の取り外し

古いゴムパッキンが止水栓の上に張り付いている時は綺麗にしておきます。
そして工具で逆止弁を取り外しますが、逆止弁が取付されていない場合はこのステップを飛ばしてください。


手順4 スペーサーの取り外し

スペーサーをモンキーレンチなどでナットを回せば、古い蛇口を洗面台から取り外すことができます。


手順5 古いパッキンを取り外す

古いパッキンが給水パイプについている場合は取り外しますが、洗面器用、浴室、キッチンなどいずれのツーホールタイプの水栓にはそのまま交換できるパッキンが付属されていないことが多いので別で準備する必要があります。
パッキンは消耗品です。高いものでもありませんので、しっかり用意しておきましょう。


手順6 取り外し時と逆の作業手順を踏んで組み立てる

スペーサーで洗面台に本体を固定しますが、あまり締めすぎると陶器製の洗面台などは亀裂が入ってしまうこともありますので、強く締めすぎないようにします。
そして逆止弁を取付けます。(逆止弁を取付けない場合はこのステップを飛ばします。)
パッキンを新しいものに替えて、止水栓と蛇口をつなぐ給水パイプをナットで上下それぞれ締め付ければ完成です。


手順7 止水栓を開いて正常に水が出るかチェックする

取り付けは完了です。
止水栓または水道の元栓を開き、スパウトからきちんと水が出るか、接続部分や水栓の根本などの隙間から水漏れがないかをチェックします。
水道の元栓まで距離がある時は二人でチェックします。一人が開けて、もう一人が水漏れチェックをします。
最後に、通水してから約5分後にもう一度確認をするようにしましょう。


壁つけタイプの蛇口を自分で交換する手順

壁付けタイプの蛇口を自分で交換する手順

手順1 蛇口本体の取り外し

まず水道の元栓を閉めます。

次に蛇口本体と取り付け脚をつないでいる部分のナットを緩めて蛇口本体を取り外します。


手順2 取り付け脚の取り外し

蛇口と配管をつなぐ取り付け脚は反時計回りに回すと緩んで外れます。

配管を傷める可能性があるので、回すときにはゆっくりと回すようにしましょう。


手順3 蛇口結合部分のゴミやサビを取り除く

この機会に結合部分に溜まったゴミやサビを取り除いておきます。
ゴミが残ったままだと水漏れの原因にもなるので、蛇口交換の際には必ず掃除するようにしましょう。
歯ブラシを使うのが最適です。
このとき、古いシールテープも外します。


手順4 新しい蛇口の取り付け脚を取り付る

交換する新しい蛇口の取り付け脚にシールテープを時計回しに巻きつけて、壁面の結合部分に時計回りで取り付けます。
途中で反時計回しに回ってしまったら必ずシールテープを巻くところからやり直します。

この手順はうまくやらないと水漏れを起こす可能性が非常に高くなります。
もしうまくできそうになかったら業者に連絡しましょう。


手順5 取り付け脚とハンドルの位置を調整

蛇口本体が水平になるように、少しずつ調整していきます。
この手順でも回しすぎると手順4空やり直しになるので、慎重にやりましょう。

動画がありましたので、位置調整のイメージの参考に。


手順6 蛇口本体を取り付けて交換完了

最後に蛇口本体を取り付けて、水漏れがなければ完了となります。


単水栓の蛇口を自分で交換する手順

単水栓の蛇口を自分で交換する手順

単水栓の交換は数ある蛇口の中で一番簡単なので、初心者でもチャレンジしやすい蛇口交換です。
同じ単水栓でも屋外単水栓の交換についてはこちらをご確認ください。

手順1 水道の元栓を閉める

水道の元栓の場所がわからないときは、水道局の検針の方が見る水道使用量のメーターの周りを探してみましょう。

水道元栓を締めたら、噴き出す水を少なくするために、低い高さにある蛇口をひねって配管内に溜まった残留水を出してから作業を行います。たとえば浴槽の蛇口などです。元栓を開ける際には閉め忘れに注意しましょう。


手順2 交換する蛇口を取り外す

根元をしっかりもって反時計廻りにゆっくりと回します。
この時、蛇口が古いと硬くなっている場合があります。この場合は多少強く瞬間的にですが回してみましょう。
蛇口を取り外すと配管が見えます。配管のネジ山部分に古い異物が残ったままで新しい蛇口を取付してしまうと水漏れなどの原因になりますので使わない歯ブラシやマイナスドライバーなどで錆や汚れを綺麗にしましょう。


手順3 新しい蛇口を取り付る

まずは新しい蛇口に付属している座金を本体に取付けておきますが、一番奥まで回して締め付けはしないでおきましょう。
何回まわるかを調べるために、時計回りでそのまま配管に回して取付してみると良いでしょう。


手順4 回転数をおぼえておく

例えばですが、5回転目でそれ以上回らなくなったら、蛇口を真っ直ぐ取付できるのは4回転というふうに記憶しておいてから蛇口を取り外しします。
通常は4回転から7回転ですので目安にしてください。


手順5 シールテープを巻く

まず左手でシールテープの端を押さえます。そして時計回りの向きにシールテープの真ん中の穴に指を入れ回転させ一回転させます。この時のポイントはシールテープの向きに気をつけましょう。
シールテープがちぎれてしまわないにうまく均等に力を入れて引っ張り、5回転から6回転巻いてください。
回し終えたらシールテープを引っ張ってちぎり 指で押さえつけるようにして蛇口に付着させましょう。


手順6 蛇口を閉め込む

先ほど憶えた回転数になるように時計回りにゆっくり回して締めます。この時注意したいのは、回しすぎた場合に戻す事が出来ないことを頭に入れておきましょう。また、回している最中に一度でも逆向きに回してしまった場合ですが、その時は一度外してシールテープを巻き戻してから再度回す必要があります。そのまま戻すと水漏れの原因となってしまいます。


手順7 水漏れをチェックする

蛇口の取付が無事に完了しましたら、蛇口を閉め水道の元栓を少しづつあけて指で指した場所から水漏れしていないかを目や耳で確認してみましょう。水漏れが全くなければ壁に座金をピッタリつくまで回せば完成です。
万が一この時、たとえ少しでも水漏れがあった時は最初からもう一度やり直しましょう。
うまく出来れば1時間かからず交換可能ですよ。

 

修理方法に記載した原因を確認しても、水漏れが直らない場合は、蛇口のパーツにひびが入っていたり、金属が劣化してしまっているなどの原因が考えられます。その場合は、蛇口の修理もしくは、蛇口そのものの交換が必要になります。修理、交換は簡単には行えませんので、専門の業者へ依頼するのが良いと思います。

蛇口交換についてのよくある質問

蛇口交換を自分でできますか?
​蛇口交換は難しいですか?
2ハンドルの蛇口をシングルレバーに交換できますか?

お風呂の蛇口を交換したんですがどういうタイプがあるんでしょうか?

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定