蛇口のトラブル

洗面所の蛇口から水漏れしている

洗面所の蛇口から水が漏れている。(単水栓・ハンドルタイプ)(複合水栓・ハンドルタイプ)(複合水栓・レバータイプ)

洗面所の蛇口から水漏れが起こっている場合、蛇口のどの部分から水漏れが起こっているかによって対処の仕方が変わってきます。

作業工程を以下にそれぞれ説明をしていきます

まず、水道の元栓を締めるということは、全てに共通する作業ですので、必ず行って下さい。

①蛇口から水漏れをしている場合


手順

パッキン押さえのナットをウォータープライヤーを使用して緩めていきます。 ハンドルを最後まで緩めたら、上部を外して下さい。


手順

本体内部にあるコマを取り出します。 コマはとても小さいですので、ピンセットを使うと取りやすいです。


手順

コマについているナットを外し、パッキンを新しいものに交換をします。 さまざまなタイプやサイズのものがありますので、間違わないように購入をして下さい。


手順

スピンドルにコマを差し込み、指先で押さえながら本体にはめ込んでいきます。 ハンドルをつけてナットを元の状態に戻したら作業は完了です。

②パイプのつけ根から水漏れをしている場合


手順

ナットに緩みが内科の確認を行います。 ナットを締めても水漏れがある場合は、パッキンの交換をします。


手順 2

ナットを再度緩め、水栓パイプを外します。


手順

水栓パイプを分解し、リングとUパッキンを新しいものに交換します。


手順

Uパッキンをまず水栓全体にはめ込み、ナットとリングを通 しておいたパイプを水栓パイプに差し込みます。 5:ナットを締めなおしたら作業は完了です。

③蛇口の取り付け部分から水漏れをしている場合


手順

水栓レンチを使って水栓金具を全て取り外します。


手順

古くなったシールテープと根元のパッキンを外し、新しいものに交換をします。 シールテープは、根元から引っ張って2~3回ほど巻きつけていきます。 外していた水栓金具をねじ込ませながら取り付けていきます。 取り付けを行った後に、水洗金具が傾いてしまっている場合は、シールテープをさらに巻きつけて傾きを直して下さい。

④ハンドルの下から水漏れをしている場合


手順

パッキン押さえのナットをウォータープライヤーを使用して緩めていきます。 ハンドルを最大までひねって上部を外して下さい。


手順

ハンドル内の カラービスを外して分解を行い、パッキン押さえの下にある三角パッキンを新しいものに交換をします。 パッキンの交換が終われば、分解をした部品を元の状態に戻します。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定