蛇口の修理

水漏れを起こした水道蛇口の修理

蛇口の水漏れは水回りのトラブルで最も多いトラブルのひとつです。

多くの場合は蛇口に関する部品を交換することで修理することができるので、挑戦してみましょう。
 

解決方法

蛇口パッキンの交換方法

蛇口から水漏れを起こしている場合 は、パッキンの劣化が原因の可能性が非常に高いです。
パッキンの交換により修理することができるので、手順を確認して下さい。

実際に蛇口のパッキンを取り換える動画がありましたので、ご参考に。手順の説明は動画の下に掲載しています。


手順1 ナットを緩める

パッキンを抑えているナットをウォータープライヤーを使用して緩める。


手順2 水道内部のコマを取り出す

ナットを緩めてハンドルを外したら、内部にあるコマを取り出してください。 コマは小さいので、ピンセットを使うと取りやすいかと思います。


手順3 古いパッキンと新しいパッキンを取り替える

コマのナットを外し、パッキンの交換を行います。


手順4 ナットを締める

パッキンを新しいものに交換をしたら、ナットを締めて作業は完了です。


 

パイプ付け根からの水漏れの場合

パイプの付け根部分から水漏れが起こっている場合は、ナットが緩んでいるか パッキンが劣化しているかのどちらかが原因になります。その際の修理方法は 以下のようになります。


手順1 部品交換の必要性を確認する

ナットをまずきちんと締めます。締めても水がまだ漏れている場合は、パ ッキンが劣化している可能性が高いです。

パッキンの劣化による水漏れは交換することにより修理できますので、手順2以降の手順を実行してください。


手順2 パイプを取り外す

パッキンを新しいものに交換します。手順1で締めた水栓を外してパイプを取 り外します。


手順3 パッキンの交換

パイプを外すと、リングとパッキンがありますので、パッキンを新しいも のに交換を行って下さい。
「パッキンの交換」の項を参考に行います。


 

蛇口取り付け部からの水漏れの修理

蛇口の取り付け部分からの水漏れの場合は、パッキンとシールテープが劣化し ていることで水漏れが起こっている可能性があります。
この際は、パッキンを 外して交換し、シールテープを貼りなおす修理を行う必要があります。

以下の手順で作業を行って下さい。


手順1 蛇口の取り外し

水栓レンチを使って蛇口を外します。


手順2 パッキンの交換とシールテープの巻き直し

パッキンを新しいものに交換し、シールテープを巻き直します。


手順3 蛇口の取り付け

蛇口を付け直して作業は完了です。


 

ハンドル下からの水漏れの修理

ハンドル下のナットから水漏れが起こっている場合は、ナット内にあるパッキ ンが劣化している可能性があります。 ですので、ナット内のパッキンを交換することで、水漏れを修理出来る可能性 が高いです。


手順1 ナットを緩める

ハンドル下のナットをウォータープライヤーを使って緩めて、ハンドルを 外します。


手順2 パッキンの交換

ハンドルを分解し、パッキン押さえの下にある三角パッキンを新しいもの に交換します。


手順3 ナットを締める

分解したハンドルを組み立ててナットを締め、ハンドルを付け直したら、 作業は完了です。

蛇口の修理方法に記載した原因を確認しても、水漏れが直らない場合は、蛇口のパーツにひびが入っていたり、金属が劣化してしまっているなどの原因が考えられます。その場合は、蛇口の修理もしくは、蛇口そのものの交換が必要になります。修理、交換は簡単には行えませんので、専門の業者へ依頼するのが良いと思います。

蛇口本体の交換についてはこちらで解説していますので、参考になさってください。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定