蛇口の修理

屋外用蛇口を交換したい(単水栓)

屋外用蛇口の交換方法をご説明致します

解決方法

屋外用の蛇口の交換を行いたい場合は、以下の手順で作業を行って下さい。


手順1

始めに水道の元栓を締めておいて下さい。 水道の元栓は、水道局の方が検針に来られる場所にあります。


手順2

交換をする古くなった蛇口を取り外して下さい。 蛇口は、根元部分をしっかりと押さえて持ち、反時計回りにゆっくりと回すと外れます。 古くなって錆びついているような蛇口は、硬くなってなかなか外せないかもしれません。 その場合は、強めに蛇口を回すようにして下さい。


手順3

配管の掃除を行って下さい。 蛇口を取り外したら配管が見えるようになります。 配管のネジ山部分にゴミなどが付いているまま、蛇口を新しいものに交換してしまうと、蛇口がきちんと取り付けることが出来ず、結果的に水漏れを起こしてしまう可能性があります。 使い終わった歯ブラシやマイナスドライバを利用して、ネジ山部分についている古くなったシールテープや錆、その他のゴミを綺麗に落としてあげて下さい。


手順4

新しい蛇口を取り付け準備を行います。 蛇口用のシールテープを巻いて補強していきます。 シールテープがちぎれてしまわないように、どの部分にも同じ力が掛かるように引っ張っていき、5~6回程度巻きつけていきます。 しっかりと巻きつけられたら、シールテープをちぎって、指で押さえながら蛇口にしっかりと付くようにします。


手順5

新しい蛇口を取り付けます。 新しい蛇口をゆっくりと時計回りに回しながら締めていきます。 回しすぎには気をつけて下さい。


手順6

蛇口の取り付けが終わったら、水道の元栓を開け、水漏れが無いかの確認をして下さい。 水は少しずつ出して頂き、目や耳を使ってしっかりと水漏れがないかの確認をして下さい。

水漏れがなければ、座金が壁につくまで回して作業は完了になります。 水漏れが発生した場合は、最初から作業をやり直して下さい。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定