排水口・排水管・その他のトラブル

給水管から水漏れしている

給水管から水漏れを起こしている場合、勢い良く大量の水漏れを起こしている事があります。早急な対応が必要となる事が多く、時には家全体の止水栓を止める必要があります。

給水管から水漏れが起こっている場合は、水漏れの勢いが激しい可能性が非常に高いです。

他のところに二次災害が起こらないように、早急に水漏れを止める必要があり、場合によっては、家全体の止水栓を止めなければならないような状態のときも出てくるでしょう。

給水管から水漏れが起こっている場合は、DIYに自信がある方でも、出来れば専門業者に依頼をして修理をしてもらうようにして下さい。

給水管の水漏れ修理には、専門技術や工具が必要になることがありますので、素人が持っている知識だけではカバー出来ないことが多いのです。

ですので、ここでは専門業者に依頼をして修理作業に入ってもらうまでの、水漏れを少しでも少なくする応急処置の方法についてご説明をさせて頂きます。

誰にでも出来る最も簡単な応急処置の方法は、元栓を締めてもらうことです。
ただ、ここで家に送られてきている水道の元栓を全て締めてしまうと、他の蛇口からも水がでなくなりますので、水を使用することが出来なくなりますので気をつけて下さい。

水道業者が来るまでに数日掛かる場合は、この方法で応急処置をしては、生活に支障をきたスことになります。

水道管の水漏れを起こしている箇所が分かりましたら、防水テープを巻いて水漏れをガードするもの1つの応急処置です。
防水テープを巻くときは、水が出た状態ではなく、一旦水を止めて乾いた状態でテープを巻くようにしましょう。
防水テープは、あくまでも応急処置にはなりますが、防水テープを巻くのと巻かないのとでは大きな違いがありますので、是非ともやって頂きたいです。
ただし、防水テープを巻くには、水漏れの箇所を特定する必要があります。 水道管から水漏れを起こしている場合は、目に見えて水漏れが分かることばかりではありません。
目に見えない箇所で水漏れを起こしていれば、気付かないこともよくあるのです。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定