排水管・排水口、その他のトラブル

ハンドルから水漏れしている

ハンドルから水が漏ている

水道蛇口のハンドル部分から水漏れを起こしている場合、蛇口のどの部分から水漏れを起こしているかによって対処方法が変わってきます。

水漏れ箇所を4つに絞って、ここではご紹介をしていきます。
4つの作業を行う前には、必ず水道の元栓を締めるのを忘れないで下さい。

①蛇口から水漏れをしている場合

手順1

パッキン押さえのナットをウォータープライヤーで緩めていきます。 ハンドルを全開にしてハンドル上部を外します。


手順2

口の内部にあるコマを外します。 ピンセットなど、細かいものをつかめるものを使用すると簡単に外すことが出来ます。


手順3

コマのナットを外し、パッキンを新しく交換します。


手順4

コマをスピンドルに差し込み、本体に固定します。


手順5

ハンドルとパッキン押さえのナットを元の状態に戻して下さい。

②パイプつけ根部分から水漏れをしている場合

手順1

まずナットが緩んでいないか確認をして下さい。 ナットを締めても水漏れが直らない場合は、パッキンの劣化が原因の可能性が高いです。


手順2

ナットを緩め、水栓パイプを取り出す。


手順3

水栓パイプを分解し、リングとUパッキンを新しいものに交換します。


手順4

リングとUパッキンを水栓パイプにはめ込み、ナットを締めます。

③蛇口の取り付け部から水漏れをしている場合

手順1

水栓レンチを使って水栓金具を外す。


手順2

劣化したシールテープとパッキンを外し、新しいものに交換する。


手順3

水栓金具をねじ込ませて、傾きが無いかを確認します。 傾きがある場合は、シールテープの巻き数を増やして固定する。

④ハンドル下から水漏れをしている場合

手順1

ウォータープライヤーでパッキン押さえのナットを緩める。 ハンドルも外します。


手順2

カラービス外して分解し、三角パッキンを新しいものに交換する。 3:分解したカラービスを元に戻し、ハンドルとナットも元の状態に戻す。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの修理は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定


このようなトラブルに対応します
ご相談から解決までの流れ

水道1番館はご相談~お伺い~解決まで迅速に対応致しております。
お問い合わせいただいてからの流れは以下のようになります。

お気軽にお問い合わせください。24時間対応なので夜間も安心! トラブルの発生場所へ最寄りのサービスステーションよりスタッフが駆けつけます。 詳しい状況を把握後、お見積りさせて頂きます。 作業内容・料金をご了承頂きましたら、作業に取り掛からせて頂きます。 作業完了後、作業内容について報告させて頂きます。