排水口・排水管・その他のトラブル

排水管がつまった

排水管がつまって水が流れない

  • ラバーカップ
  • ウォーターポンププライヤー
  • パッキン

排水管が詰まって水が流れない場合の対処法や予防策は以下の通りになります。

1:パイプ洗浄剤を使用する

(詰まり予防)

パイプ用洗浄剤を普段の掃除の際に使用することで、排水パイプの汚れを落とし、詰まりを防ぐことが出来るのです。
・キッチンの場合 食事の際には、食べかすや油などがゴミとなりますが、排水口に流さないようにして下さい。 また、小さな食べかすなどのゴミが排水口に流れてしまわないように、ゴミネットを被せておくのもお勧めです。
・浴室の場合 浴室の排水管の詰まりの原因の大半が髪の毛です。 ですので、排水口に髪の毛が流れてしまわないように、ナイロンネットやストッキングなどを被せておくのがお勧めです。 浴室専用の排水口カバーも市販されていますので、それを利用するのもいいでしょう。

2:パイプクリーナーを使用する

1の対策を行ったにも関わらず、排水管が詰まってしまった場合は、パイプクリーナーを使って詰まりの原因を取り除いていきます。

(吸引カップ)

流し台や洗面台に水をたっぷり張り、排水口に吸引カップを当てます。押したり引いたりして水圧をかけることで詰まりの原因を取り除いていきます。

(ポンプ式吸引カップ)

吸引カップと同じで、水の圧力を利用して詰まりの原因を取り除いていきます。 カップの部分を排水口にピッタリ当てて、ポンプを押し圧力をかけます。

(ワイヤー式クリーナー)

吸引カップやポンプ式吸引カップでも詰まりが改善しなかった場合、ワイヤー式クリーナーを使用します。 排水口からワイヤーを差し込んで、ワイヤーの先に詰まりの原因となっているゴミを引っ掛けて取り除きます。

2の作業を行ったにも関わらず、詰まりが解消されない場合は、排水管を分解して詰まりの原因を取り除かなければなりません。
U管や片ツバ直管、Sパイプを部分ごとに取り外し、詰まりの原因となっているものがないかチェックをして下さい。

詰まりの原因を見つけたにも関わらず、なかなか取れないという場合は、ハリガネやワイヤー式クリーナーを使用すると、比較的取れやすくなるでしょう。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定