お風呂のトラブル

シャワーヘッドから水漏れしている

シャワーの先端から水がチョロチョロ漏れている

シャワーヘッドから水漏れを起こしてしまっている場合は、以下の3つの原因が考えられます。

1.バルブが故障している
2.シャワーヘッド本体が故障している
3.シャワーヘッド内にある残留水から水が出ている

シャワーヘッドから水漏れの原因をはっきりとさせるには、まず 水漏れがシャワーヘッド内の残留水でないかということを確認して下さい。
残留水の場合は、故障ではありませんので、修理で水漏れを改善させることが出来ません。

水漏れの原因が残留水であるかの確認方法は、シャワーヘッドの水が出る面を上に向けてみて下さい。
それでもまだ水が出てくるようであれば、原因は残留水ではなく故障の可能性が高いです。
水が出てこなくなれば、残留水によって水が出てきてしまっているので、修理をして直るものではありません。

気になるという方は、シャワーヘッドを上向にして置いておくことをお勧めします。
故障によって水漏れが起こっている場合は、バルブやシャワーヘッド本体が不良のことがほとんどです。

水漏れを改善させる方法としては、バルブやシャワーヘッドの交換を行います。
これらは、ご自身で交換をすることも出来るのですが、その際には、メーカーの相談窓口で蛇口の品番を言ってバルブの品番を教えてもらうようにしましょう。

メーカーによっては、直接部品を購入出来るようなところもあります。

バルブの交換方法は、まず止水栓や元栓をしっかりと閉めて、水が出ないようにしておきます。 水が止まっていることを確認したら、ハンドルを外していきます。 ハンドルには、ビスで固定するものと差し込んでいるだけのものがあります。 それぞれに合った方法で外して下さい。

次にナットを外していきます。 ナットを外すと、バルブの軸が見えてきますので、引き抜いて下さい。
バルブを外したら、新しく用意をしたバルブを入れて、元のように組み立てていきます。 作業に慣れていない方は、バルブを購入した際に付いている説明書を見て頂くと分かりやすいです。

バルブを交換しても水漏れが続くようであれば、シャワーヘッド本体に問題がある可能性が高いです。 その場合は、専門業者に修理の依頼をお願いしましょう。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと。
あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定