お風呂のトラブル

お風呂の臭い対策

お風呂は石鹸カスやカビなど臭いの原因となるものがたくさんあり、これらを好む雑菌が発生しやすい環境です。

普段から臭いの対策を行なって、気持ちのよいバスライフを過ごしましょう。

重曹と酢で排水口の臭い取り

排水口は放っておくと雑菌の温床になりがちです。

すでに臭いや汚れが気になる状態になっている場合は、重曹と酢を用いて汚れを落としてやりましょう。
手順は以下のとおりです。

手順1 排水口に重曹をふりかける

たっぷりと重曹をふりかけます。
計量スプーンなどである程度の量を把握しながらふりかけましょう。

手順2 重曹の半分ぐらいの量の酢を流し込む

手順1でふりかけた重曹の半分ぐらいの酢を流し込みます。
酢の量がおおすぎると中性化して効果が低くなるので注意してください。

酢をかけると重曹が泡立ち始めるので、そのまま5分ほど放置します。

手順3 お湯で流す

お湯で泡だった重曹を流します。

汚れがこびりついている場合は歯ブラシなどでこすって掃除すれば簡単に落とせるようになっています。

臭いの原因となる雑菌やカビの発生を防ぐ

お風呂の臭いの原因はカビや雑菌の繁殖です。
これらが育ちにくい環境を心がけることで、匂いの発生を抑えることができます。

定期的な排水口掃除

上記の排水口掃除を定期的に行います。

排水口は最も雑菌が繁殖しやすいポイントです。
定期的に掃除することでニオイのもとを建つことができます。

お風呂の壁や床に冷水をかける

お風呂に入った後に、壁や床に冷水をかけるだけでカビの発生を抑えることができます。

温まった状態はカビの繁殖を促進してしまう環境になるので、冷水で温度を下げて繁殖しにくい環境にしてやります。

ある程度のお風呂掃除は市販の道具や薬剤で対応出来ますが、あまりにひどい状態の場合は個人では対応できないこともあります。

また、塩素系の薬剤を長時間使用すると体調を悪くすることもありますので、無理がない範囲で掃除をすることをおすすめします。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定