お風呂のトラブル

カランから水漏れしている

カラン(シャワーと手元の蛇口とを切り替えるレバー)から水が漏れている。→内部部品の劣化などの可能性があります。

カランとは、シャワーと蛇口とを切り替えるレバーのことなのですが、そこから水が漏れている場合の大半が、カランの内部部品の劣化が水漏れの原因だとされています。

水漏れを改善させる方法としては、以下のような作業を行って頂く必要があります。


手順1

シャワーと蛇口との切り替えハンドルを取り外します。 この際、年のために水道の元栓を閉めておきましょう。


手順2

取り外した部分の中にある金属製の横に穴の空いてある筒があります。 この筒の大きさは、直径にして20mmの小さいものです。


手順3

筒にはオーリングがはまっていますので、これの消耗具合を確認して下さい。 カランからの水漏れの原因は、オーリングの劣化による可能性が高いです。 オーリングが筒の中からなくなっていたら、シャワーヘッドかカランのどこかにある可能性もあります。


手順4

オーリングが劣化しているようであれば、新しいものと交換をして下さい。
オーリングは、一般的なホームセンター出購入することが出来ますので準備をしましょう。 オーリングにはさまざまなサイズがあります。 最初から装着されているものは、若干ではありますが大きめのサイズとなっています。



1番良いのは、筒の中の寸法をノギスなどで測ることなのですが、ノギスを持たれていないという方も多いと思います。 そういった方は、筒をホームセンターに持って行き、スタッフの人にサイズを測ってもらうようにお願いをして下さい。 オーリングには、大きさだけでなく太さもさまざまなものがあります。

筒に合ったオーリングを選ばなければ、ハンドルが固くなって使いにくくなってしまうこともありますので気をつけて下さい。
オーリングのお値段は、2つ入りで150円程度と定額ですので、面倒だという方は、ホームセンターにあるさまざまなタイプのものを購入してみてもいいでしょう。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定