お風呂のトラブル

スパウトからの水漏れ

スパウト(蛇口の水が出るところの、細長い左右に動く部分)の付け根や先端から水が漏れている場合、内部部品の劣化などの可能性があります。

解決方法

スパウトから水漏れを起こしている場合は、内部の部品が劣化している可能性があります。

1番多いのがパッキンの劣化です。 パッキンの劣化による水漏れの場合は、以下の作業を行って頂くことになります。

まずパッキン部分にゴミが噛んだりしていないか確認をして下さい。
また、パッキンとスパウトの内側を拭いてあげると水漏れが直ることもあります。 この部分にはグリスがつけてありますが、洗剤などで洗うことは止めて下さい。
グリスは、スパウトの動きがスムーズにいくように塗ってありますので、取ってしまうと故障の原因となります。 スパウトを外してあげるとすぐにパッキンが見えてくるかと思います。 
パッキンを新しいものに交換をしてあげて下さい。 その際に、蛇口用のシリコングリスを塗ってあげるとなお良いでしょう。

パッキンを交換しても、水漏れが続くようであれば、スパウトの不良によって水漏れを起こしていると考えて下さい。
その場合は、スパウトを分解していくのですが、まず最初に止水栓や元栓を閉めて水が出ないようにして下さい。
水が出ない状態になったら、ハンドル、ナット、バルブの順に部品を外していきます。 この3つを外してあげると、スパウトを引き抜くことが出来ます。
スパウトを外すことが出来たら、スパウトの内側についている汚れを綺麗に拭いて下さい。 スパウトの内側の汚れが取れたら、先ほど分解をしたハンドル、ナット、バルブを元の状態に戻していきます。
スパウトの内側を綺麗に拭いたにも関わらず、水漏れが直らないようであれば、スパウトのパッキンシート面をチェックして下さい。 パッキンシート面に傷や汚れなど水漏れの原因となりそうなものがあれば、スパウト自体を交換することになります。

スパウトの交換の場合は、ご使用の蛇口の品番を確認してメーカーに注文をして手に入れて下さい。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定