お風呂のトラブル

浴室・浴槽のお掃除テクニック

カビの発生やぬめりの発生など、浴室ではご家庭の他の部屋とは違った汚れが目立ちます。

簡単にカビを落とす方法やぬめり・水垢を取る方法など、浴室や浴槽の気になる部分のお掃除のテクニックをご紹介します。

お風呂で発生する汚れ

お風呂では多くの種類の汚れが発生します。
汚れの種類によって汚れの落とし方が変わってきますので、どのような汚れなのか把握してお風呂掃除を始めるとよいでしょう。

以下ではお風呂で発生する代表的な汚れの種類について簡単に解説しています。

○水垢

鏡や蛇口などに付着する白い水垢。
水垢は水に含まれるカルシウムやマグネシウム等のミネラル分が固着したものです。
これらはアルカリ性の物質なので、酸性の物質と反応することで中和され落としやすくなります。

しかし、一般的な家庭用洗剤は中性~アルカリ性のものが多く、頑張ってこすっても取れないことが多いです。
こういった場合には酸性の洗剤(トイレの洗剤など)か酢やクエン酸を使用してみましょう。

○石鹸カス

石鹸カスも浴室で発生しやすい汚れの一つです。
水垢と同様にアルカリ性の物質なので、酸性の洗剤で洗うか酢やクエン酸などを使用して掃除することで落とすことができます。

また、泡立ちが少ないと発生しやすくなるため、石鹸やボディソープなどを使う際には十分に泡立つ量を使うようにしましょう。


○ピンク色のヌメリ(ロドトルラ)

ピンク色のヌメリは酵母・ロドトルラです。
カビだと思われがちですが、酵母です。
水分だけで発生するため、ちょっと気を抜くと数日で増殖してしまいます。

ロドトルラは普通の掃除で簡単に落とせます。
発生を抑えるためには重曹沸騰水が有効だと言われています。
1Lの水に80gの重曹を溶かして沸騰させるだけです。
アルミ製品は重曹と反応してしまうので、ホーロー鍋を使用しましょう。

○黒カビ

ご家庭の至る所で発生する可能性がある黒カビ。
湿気を好み、結露の多いところによく発生するカビで特に浴室は環境的に発生しやすくなっています。

見た目が良くないだけでなく、アレルギーや病気などの原因にもなるためこまめに掃除を行って対処する必要があります。

市販のカビ用スプレーなどが効果的ですが、塩素系の漂白剤などで落とすこともできます。
カビの生えている部分にこれらの洗剤等が定着した状態で時間を置く必要が有るため、片栗粉に混ぜて塗りつけるという方法が非常に効果的です。

蛇口などの金属についた白い水垢の掃除

○軽い水垢

軽い水垢ならば酢を含ませたスポンジなどでこすって見ることで落ちる場合があります。酸性のものを使う場合は金属を腐食させることがありますので、なるべく金具などには付けないようにして、掃除が終わったら綺麗に洗い流してください。
水垢落とし専用の除去剤もあります。

手軽に出来る方法としては以下の方法を試してみてください。
クエン酸に対して少ない量の水を加えて、ザラザラした状態にします。

次に水分を得たクエン酸をペーパータオルなどにたっぷりと染み込ませて汚れている部分にシップのように貼り付けます。

そのまま2~3時間放置して、はがしてこすれば簡単に落とせます。

○頑固な水垢

上記の方法でも落ちないようなひどい水垢は削り落とすしかないので、研磨剤の入った歯磨き粉やダイヤモンドパッドなどを使って掃除しましょう。

また、入浴後にゴム製のヘラなどで綺麗に払い落としたり洗剤で洗ったりすることで水垢がつきにくくする事ができます。

洗面器などのぬめり掃除

漂白剤を混ぜたお湯に漬け込んで掃除

シャンプーボトルや洗面器など、お風呂においてあるものには石鹸カスなどの汚れがついていて、ぬめりがつきやすいです。
これらは1つずつ掃除すると、かなりの時間がかかることがあります。

時間をかけずにぬめりを取る方法としては、湯船に貼ったお湯(残り湯で大丈夫です)に漂白剤を混ぜて付けこむという方法がお勧めです。

他の部分を掃除している間漬け込んでおけば、水で洗い流すだけでぬめりが取れてしまいます。

黒カビの掃除

黒カビは前述のとおり、カビ専用の洗剤や塩素系漂白剤で取ることができますが、少し工夫をすることで効率的にカビ掃除を行うことができます。

○片栗粉を混ぜてカビに定着させる

塩素系の漂白剤はカビに効果的ですが、液体であるために壁面などではすぐに流れ落ちてしまうという弱点があります。
これを解消させる方法として、片栗粉に混ぜて流れ落ちにくくするといいでしょう。

片栗粉と片栗粉より少し少ないぐらいの漂白剤を混ぜてしっかりと練り合わせるとペースト状になるので、これをカビに塗りつけます。
片栗粉が少ないとどろどろになって流れてしまうので、状態を見ながらペースト状にしていきます。
塗りつけて5~10分ほど放置してから濡れたティッシュなどで拭き取ればカビがとれているはずです。

この方法は浴室以外でも使える方法なので、ご家庭のいろんな場所で役立ちます。

○ラップで密閉してより効果的に

黒カビ掃除にはカビキラーなどの薬剤を使用しますが、カビを落とすには時間をかける必要があります。

薬剤をつけた部分をラップで密閉すると、本来よりも短時間で黒カビを落とすことができます。

完全にカビを落とすまでには数時間から長いと半日ほどかかる場合もありますが、放置した後にシャワーで洗い流せば元の綺麗な状態に戻せます。

○黒カビの発生を抑える

黒カビは湿気が多いところによく発生します。
湿度が55%ほどであれば殆ど増殖しないと言われているので、なるべくこまめに換気を行うことで防ぐことができます。

また、カビが餌としている石鹸カスなどを残さないようにすることで発生を抑えることができるので、入浴後に水で洗い流すなどすることで予防できます。

温度もカビが発生する条件に含まれ、20℃~30℃がカビが発生しやすい温度です。
入浴後に温度を下げるために浴室内に冷水を撒いてから換気を行うとより効果的であるといえるでしょう。

排水口の掃除

排水口の掃除についてはこちらでも紹介していますが、日頃からできる簡単な掃除についてご紹介します。

○重曹とクエン酸を利用して汚れを撃退

お風呂の排水口には様ざなな汚れが溜まりやすく、石鹸カスなどのアルカリ性の汚れと皮脂などの酸性の汚れが交じり合っていることが特徴となっています。
大抵の場合はヘドロのように固まってしまっているので、どちらの汚れもなるべくなら触らずに取り除きたいものです。

そこで役に立つのがアルカリ性の重曹とクエン酸(または酢)を利用した掃除です。

重曹は酸性のクエン酸と混ぜると発泡しますが、この時に発生した泡がお風呂の排水口の汚れに絶大な効果を発揮します。

まず、排水口に重曹を振りまきます。
排水口の大きさによって量が違ってきますが、排水口全体が隠れるくらいの量でいいと思います。
ふりかけた重曹の上にクエン酸水またはお酢をふりかけて30分ほど放置します。
スプレーボトルなどを利用すれば作業をやりやすいかと思います。

最後にお湯で洗い流せばヌメリが取れているはずです。
この方法はニオイ防止にもなるので、定期的に行うことをおすすめします。

○髪の毛のつまりを除去

排水口は気を抜くと髪の毛が絡まり、掃除もしたくない状況になりがちです。
こういう時には水酸化ナトリウムが含まれた洗剤を利用しましょう。
トイレ用洗剤に含まれていることが多いので、ご家庭の洗剤を確認してみてください。

使い方は簡単で、髪の毛が絡まっている部分にふりかけてしばらく放置するだけです。
水酸化ナトリウムは髪の毛を作っているタンパク質を溶かす作用があるため、溶けて掃除しやすくしてくれます。
つまり皮膚も溶かす作用があるため、ゴム手袋をすることを忘れないようにしましょう。

これらの洗剤を使用する際には、他のものと混ぜると有毒なガスを発生させる可能性があるので、絶対に混ぜないようにしてください。
特に上記の重曹を利用した掃除を行う際には同時に使わないように気をつけましょう。

○ワンプッシュ式排水栓の掃除

浴槽の排水口でよく使われているワンプッシュ式の排水栓掃除も上記同様に掃除を行えます。
大抵の場合は押しボタンを押して排水栓を開けてから引き上げれば外れるようになっているはずです。
排水口には髪の毛などが詰まっていると思うので、古歯ブラシなどを使用して掃除します。
フィルターが付いている場合には取り外して丁寧に掃除します。

排水栓にはゴムパッキンなどが使用されていると思いますが、塩素系の洗剤を使うとゴムを劣化させてしまう可能性があるため、なるべくお風呂掃除用の中性洗剤等を使用するようにしてください。

○10円玉とアルミホイルで臭いを防止

排水トラップが見えているタイプの排水口なら、排水トラップのフタの上に10円玉とアルミホイルを丸めたものをおいておきましょう。
銅には殺菌作用があり、アルミホイルは水に濡れると金属イオンが発生してバクテリアの増殖を抑える作用があると言われています。
掃除の回数を減らすことができるので、やっておくとよいでしょう。

ただし、これらの固形物が排水口に流れてしまうと詰まりの原因となってしまうので、掃除で排水トラップを開ける際などには落とさないように注意してください。

シャワーの目詰り

シャワーが目詰まりを起こして、明後日の方向へ水が飛んでしまうような状態になることがあります。
原因はシャワーヘッドの穴に水分に含まれるミネラル分が固着して詰まることです。
解消させるには以下の方法をお試しください。

バケツに熱湯1Lを用意して、酢を1カップ(200ml)まぜます。
シャワーヘッドを取り外してこの中に1時間ほどつけ置くだけで簡単に目詰りを解消できます。
最後に古歯ブラシやたわしなどで磨けばピカピカに。

酢がアルカリ性のミネラル分を中和してくれて、固まりが取れやすくなるわけですね。

お風呂掃除のタイミング

バスタブは入浴のたびに掃除を行うかと思いますが、度のタイミングで掃除していますか?
多くの方がお湯を張る前に掃除しているのではないかと思います。

しかし、入浴前の掃除よりも入浴後の掃除のほうが汚れは落としやすいです。
浴槽が温かいうちは汚れが柔らかく落としやすいため、洗剤も少なめでこする力も少なくて済みます。

ただし、ご家庭によっては風呂の残り湯を選択に使うという場合もあるかと思いますので、状況に合わせて最もあったタイミングをお選びいただければと思います。

換気扇の掃除

お風呂の換気扇は台所の換気扇と比べると油汚れがない分掃除もしやすくはありますが、何度も掃除する機会があるものでもありません。
掃除するにあたってはなるべく労力のかからないように行いたいものです。

お風呂の換気扇には大きく分けると以下のタイプが有ります。

  • 一般換気扇
  • シロッコファン
  • 乾燥機付き

それぞれ掃除の仕方が違うので、それぞれ以下の方法で掃除を行ってください。
掃除の際には換気扇が回ってしまうと危険なので、必ずスイッチを切り電源プラグがあるものは抜いてから行うようにしてください。

○一般換気扇

最も掃除しやすいタイプです。
ファンを取り外して、汚れを拭き取ります。
カビなどが付着している場合には風呂の残り湯などを利用して、塩素系の漂白剤を混ぜてつけ置きしましょう。
その間に外枠や内側を拭き掃除するとよいでしょう。

○シロッコファン

シロッコファンは少し複雑な構造になっています。
ネジで止められている部分もあるので作業にはドライバーが必要になるでしょう。

まず、化粧パネルを外します。
引っ張るだけで外れるものもありますが、ネジで止められている場合もありますのでよく見て作業を行ってください。

化粧パネルを取り外したら、中に金属やプラスチックで出来たカバーがあると思います。
こちらもネジで固定されていることが多いと思いますので、ドライバーでネジを外します。

カバーを外すとシロッコファンが見えると思います。
中心をナットなどで止めていると思うので、工具を使って取り外します。

シロッコファンが外れたら隙間のホコリ等を取り除きます。
同時に予め外しておいた化粧パネルなども掃除します。

シロッコファンを取り外すと本体部分が見えると思いますが、内部にもホコリ等が溜まっているかと思います。
こちらも汚れを拭き取りましょう。

掃除が終わったら逆の手順で取り付け直します。

○乾燥機付き

乾燥機付きの換気扇は結構複雑ですが、掃除する部分は上記のシロッコファンと同様になります。
製品によっては本体をすべて取り外す必要がある場合もありますので、取扱説明書などを確認してご自分で掃除が可能かどうかの判断を行ってください。

やり方を間違えると故障させてしまうこともありますので、慎重に行いましょう。
ホコリ等が詰まっていると乾燥機能が低下してしまうので、定期的に清掃しておきたいですね。

フロアワイパーで天井を掃除

なかなか手が届かない天井の掃除にはフロアワイパーを利用しましょう。
普段は床掃除に使っているものですが、柄が長いので天井にも届いてしまいます。

消毒用のエタノール等を染み込ませてやれば、天井の雑菌を殺菌してカビの発生を予防できます。

この方法はお風呂だけでなく、家庭内のどこでも使える方法ですのでオススメです。

ある程度のお風呂掃除は市販の道具や薬剤で対応出来ますが、あまりにひどい状態の場合は個人では対応できないこともあります。

また、塩素系の薬剤を長時間使用すると体調を悪くすることもありますので、無理がない範囲で掃除をすることをおすすめします。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定