お風呂のトラブル

お風呂(浴室・浴槽)のお掃除テクニック

解決方法

お風呂の汚れの種類に合わせた掃除テクニック

お風呂の掃除のコツ

お風呂では多くの種類の汚れが発生します。

汚れの種類によって汚れの落とし方が変わってきますので、どのような汚れなのか把握してお風呂掃除を始めるとよいでしょう。

お風呂で発生する代表的な汚れの種類について解説し、掃除のポイントを説明しています。

お風呂の水垢(白い汚れ)の掃除

お風呂の白い水あかの落とし方
お風呂で気になる白い水垢

鏡や蛇口などに付着する白い水垢。

水垢は水に含まれるカルシウムやマグネシウム等のミネラル分が固着したものです。 頑固な水垢は石膏のような塊になっていることもあります。
これらはアルカリ性の物質なので、酸性の物質と反応することで中和され落としやすくなります。
しかし、一般的な家庭用洗剤は中性~アルカリ性のものが多く、頑張ってこすっても取れないことが多いです。
こういった場合には酸性の洗剤(トイレの洗剤など)か酢やクエン酸を使用してみましょう。

蛇口など金属につく白い汚れはこすり落とす

お風呂の水あかはメラミンスポンジで落とす
お風呂場ではメラミンスポンジが大活躍

蛇口などの金属についた白い汚れはメラミンスポンジで簡単に落ちます。
また、酢を含ませたスポンジなども効果的です。
酸性のものを使う場合は金属を腐食させることがありますので、なるべく金具などには付けないようにして、掃除が終わったら綺麗に洗い流してください。
水垢落とし専用の除去剤もあります。

手軽に出来る方法としては以下の方法を試してみてください。
クエン酸に対して少ない量の水を加えて、ザラザラした状態にします。
次に水分を得たクエン酸をペーパータオルなどにたっぷりと染み込ませて汚れている部分にシップのように貼り付けます。
そのまま2~3時間放置して、はがしてこすれば簡単に落とせます。

お風呂場の床やタイルにつく白い塊は研磨

お風呂の壁の汚れを落とすための裏技
研磨剤入りの歯磨き粉

ひどい水垢は削り落とすしかないので、研磨剤の入った歯磨き粉やダイヤモンドパッドなどを使って掃除しましょう。
また、入浴後にゴム製のヘラなどで綺麗に払い落としたり洗剤で洗ったりすることで水垢がつきにくくする事ができます。

お風呂の石鹸カス(ぬめり)の掃除

お風呂の石鹸カスの汚れの落とし方
壁に跳ねたボディソープの泡もぬめりに

石鹸カスも浴室で発生しやすい汚れの一つです。
こびりつく前に熱いお湯で洗い流せば、汚れを予防することができます。その際、カビを予防するために、冷たい水をかけて温度を下げることを忘れずに。

こびりついてしまった場合、水垢と同様にアルカリ性の物質なので、酸性の洗剤で洗うかクエン酸などを使用して掃除することで落とすことができます。
また、泡立ちが少ないと発生しやすくなるため、石鹸やボディソープなどを使う際には十分に泡立つ量を使うようにしましょう。

浴槽に漂白剤を入れて、小物を漬け込む

シャンプーボトルや洗面器など、お風呂においてあるものには石鹸カスなどの汚れがついていて、ぬめりがつきやすいです。
これらは1つずつ掃除すると、かなりの時間がかかることがあります。
時間をかけずにぬめりを取る方法としては、湯船に貼ったお湯(残り湯で大丈夫です)に漂白剤を混ぜて漬けこむという方法がお勧めです。
塩素系漂白剤が苦手な場合は、酸素系漂白剤でも効果があります。
他の部分を掃除している間漬け込んでおけば、水で洗い流すだけでぬめりが取れてしまいます。

お風呂の酵母菌(ピンク色のぬめり)掃除

お風呂場のピンク色の汚れ
すぐに現れるピンク色のヌメリ

ピンク色のヌメリは酵母・ロドトルラです。
カビだと思われがちですが、酵母菌です。
水分だけで発生するため、ちょっと気を抜くと数日で増殖してしまいますが、そのままほうっておくと、黒カビが発生します。
カビが発生しやすい場所にロドトルラも発生します。

掃除のあと、発生の予防をする

お風呂のピンク色のカビ
ピンク色のぬめりを予防するには重曹が効果的

ロドトルラはごく普通の掃除で見た目は簡単に綺麗になりますが、目に見えない酵母菌が残って、すぐにまた目に見えるようになります。
発生を抑えるためには重曹沸騰水が有効だと言われています。
​ 1Lの水に80gの重曹を溶かして沸騰させるだけです。
アルミ製品は重曹と反応してしまうので、沸かす際にはホーロー鍋など、アルミでないものを使用しましょう。
エタノールも効果的です。

お風呂の黒カビの掃除

タイルの目地に発生した黒カビ  data-cke-saved-src=

ご家庭の至る所で発生する可能性がある黒カビ。
湿気を好み、結露の多いところによく発生するカビで、特に浴室は環境的に発生しやすくなっています。
見た目が良くないだけでなく、アレルギーや病気などの原因にもなるためこまめに掃除を行って対処する必要があります。
市販のカビ用スプレーなどが効果的ですが、塩素系の漂白剤などで落とすこともできます

片栗粉・キッチンペーパーでカビに定着させる

お風呂で黒カビ落とす効果的な方法
カビ取りの薬液を長く留まらせるためにキッチンペーパーを利用

カビキラーなど、塩素系の漂白剤はカビに効果的ですが、液体であるために壁面などではすぐに流れ落ちてしまうという弱点があります。
これを解消させる方法として、片栗粉に混ぜて流れ落ちにくくするといいでしょう。
片栗粉と、片栗粉より少し少ないぐらいの漂白剤を混ぜてしっかりと練り合わせるとペースト状になるので、これをカビに塗りつけます。
片栗粉が少ないとどろどろになって流れてしまうので、状態を見ながらペースト状にしていきます。
塗りつけて5~10分ほど放置してから濡れたティッシュなどで拭き取ればカビがとれているはずです。
またはキッチンペーパーを壁に当て、洗剤を吹き付けて貼り付ける方法もオススメです。
これらは浴室以外でも使える方法なので、ご家庭のいろんな場所で役立ちます。

ラップで密閉してより効果的に掃除

お風呂で黒カビ掃除する時にサランラップが便利
留まる+密封のダブル効果でカビ退治

カビは根を張り、しっかりその場に留まっていますので、カビを落とすには時間をかける必要があります。

薬剤をつけた部分をラップで密閉すると、本来よりも短時間で黒カビを落とすことができます。
完全にカビを落とすまでには数時間から長いと半日ほどかかる場合もありますが、
頑固な黒カビも、洗剤+キッチンペーパー+ラップ
放置した後にシャワーで洗い流せば綺麗な状態に戻せます。

ゴムパッキン部分の黒カビの注意

お風呂場のパッキン部分の掃除のコツ
ゴムパッキンの黒カビはこすらないように!

ゴムパッキンやシリコン部分の黒カビを落とそうと強めに擦ると、ゴムが摩耗してデコボコになり、汚れが溜まりやすくなります。
ゴムパッキン部分にはゴムパッキン用の洗剤を使用し、強くこすりすぎないようにしましょう。

黒カビの発生を抑える

黒カビは湿気が多いところによく発生します。
湿度が55%ほどであれば殆ど増殖しないと言われているので、なるべくこまめに換気を行うことで防ぐことができます。

また、カビが餌としている石鹸カスなどを残さないようにすることで発生を抑えることができるので、
入浴後に水で洗い流すなどすることで予防できます。

温度もカビが発生する条件に含まれ、20℃~30℃がカビが発生しやすい温度です。
入浴後に温度を下げるために、浴室内に冷水を撒いてから換気を行うとより効果的であるといえるでしょう。

掃除する場所ごとの掃除テクニック

お風呂の掃除する場所ごとのコツ
壁、浴槽、シャワー・・場所ごとに適切な掃除方法を

場所によって、溜まりやすい種類の汚れや、やりやすい掃除の仕方があります。気になるポイントをチェックして、日頃のお風呂掃除に役立ててください。1日でお風呂場の隅々までキレイにしようとすると、途中で投げ出してしまう恐れがあります。
作業を1日30分に限定して、何日かに分けて掃除すれば、ストレスをあまり感じず最期まで作業をやり通すことができます。
正攻法のお掃除方法で正面から攻めるのもよいのですが、手間や時間をかけたくないという方は「コツと裏ワザ」で省力・時短を目指しましょう。
そうすれば意外に楽に、あっさりと作業が終わります。​

浴槽の掃除

浴槽の表面に固まってしまったガンコな湯あかは、一旦シャワー等でお湯をかけ、汚れを浮かせてから、浴室用中性洗剤とスポンジでこすり洗いをしてからしばらく置き、洗剤を洗い流して乾いた布などで乾拭きします。

クリームクレンザーで磨かないと汚れが取れない時がありますが、ポリ製の浴槽は傷つくことがありますので注意が必要です。

耐久性が高く、サビにも強いステンレス製の湯船も普及していますが、これも意外と傷つきやすく、目の粗いタワシやクリームクレンザーなどでこすると細かい傷がつき、かえって汚れが落ちにくくなるので、必ず目に沿ってこすることがポイントです。

コツ・裏ワザ~重曹を入浴剤として溶かす

重曹を入浴剤として使うだけで、もう毎日の掃除は完了です。

残り湯も漬けおき用の洗剤として利用することもできて便利です。

重曹を入浴剤としてお湯に入れると、弱アルカリ性になります。アルカリ性の温泉といえば、肌もきれいになり、加齢臭と言われる体の酸性の臭いも中和してくれます。

重曹での掃除

入浴剤として入れない場合は、お風呂に入ったあとのお湯に、重曹を溶かして放置し、しばらくおいてから流すと綺麗になります。 

普段の掃除で重曹を使用した場合に、重曹をふりかけた跡が白く残ってしまった時には酢水をスプレーしてふき取ると、中和されて綺麗になります。
酢をスポンジに含ませ、スポンジに重曹をふりかけながらお風呂をこすり洗いしてシャワーで洗い流せば、より綺麗に汚れが落ちます。

クレンザーの代わりになるのが、重曹を少量の水で溶いた重曹ペーストです。 水の代わりに酢と洗剤に重曹を溶けば、さらに強力になります。

クレンザーにシャンプーを少量足すと、シャンプーが潤滑剤代わりになり、お風呂に傷がつきにくくなります。 スポンジもメラミンフォームなど柔らかいものを使えば、バスタブを傷つけないで済みます。

取りにくい頑固な汚れには、お掃除用に市販されているクエン酸を使用するのがコツです。

ただし、クエン酸は大理石に使用するとさんで表面が酸化してしまい、鉄も酸と反応して酸化するので、大理石の浴槽には使用しないようにしましょう。

浴室排水口の掃除

浴室の排水口の掃除のコツ
カバー、排水トラップを外して掃除しましょう

排水口を掃除しないでいると、ゴミや毛髪などで配管が詰まったり、悪臭の原因になったりします。

まず、排水口のトラップと目皿を外し、ゴミや毛髪などを取り除いてから、浴室用中性洗剤と浴室用ブラシ(細かいところは歯ブラシ)でこすり洗いします。
そして配管を市販の配管用洗浄剤できれいにしたら、目皿とトラップを元の位置に取り付けます。コマメに掃除するようにしましょう。

お風呂の後、最後に髪の毛を取るだけでも全く変わってきます。

コツ・裏ワザ~重曹とクエン酸を利用して汚れを撃退

お風呂の排水溝の掃除のコツ
ナチュラルクリーニングなら子供のいる家庭でも安心です

お風呂の排水口には様ざなな汚れが溜まりやすく、石鹸カスなどのアルカリ性の汚れと皮脂などの酸性の汚れが交じり合っていることが特徴となっています。
大抵の場合はヘドロのように固まってしまっているので、どちらの汚れもなるべくなら触らずに取り除きたいものです。

そこで役に立つのがアルカリ性の重曹とクエン酸(または酢)を利用した掃除です。

重曹とクエン酸が混ざった時に発生する炭酸ソーダは重曹より強いアルカリ性なので、より強力に皮脂汚れなどを分解してくれます。

まず、排水口に重曹を振りまきます。

排水口の大きさによって量が違ってきますが、排水口全体が隠れるくらいの量(目安:2分の1カップ)でいいと思います。
ふりかけた重曹の上にクエン酸水またはお酢をふりかけて30分ほど放置します。
スプレーボトルなどを利用すれば作業をやりやすいかと思います。

最後にお湯で洗い流せばヌメリが取れているはずです。
この方法はニオイ防止にもなるので、定期的に行うことをおすすめします。

髪の毛のつまりを除去

排水口は気を抜くと髪の毛が絡まり、掃除もしたくない状況になりがちです。
こういう時には水酸化ナトリウムが含まれた洗剤を利用しましょう。
トイレ用洗剤に含まれていることが多いので、ご家庭の洗剤を確認してみてください。

お風呂掃除の時に強力な洗剤を使うときの注意
強い薬剤を使用してお風呂を掃除する時は安全に

使い方は簡単で、髪の毛が絡まっている部分にふりかけてしばらく放置するだけです。
水酸化ナトリウムは髪の毛を作っているタンパク質を溶かす作用があるため、溶けて掃除しやすくしてくれます。
つまり皮膚も溶かす作用があるため、ゴム手袋をすることを忘れないようにしましょう。

これらの洗剤を使用する際には、他のものと混ぜると有毒なガスを発生させる可能性があるので、絶対に混ぜないようにしてください。
特に上記の重曹を利用した掃除を行う際には同時に使わないように気をつけましょう。

ワンプッシュ式排水栓の掃除

浴槽の排水口でよく使われているワンプッシュ式の排水栓掃除も上記同様に掃除を行えます。
大抵の場合は押しボタンを押して排水栓を開けてから引き上げれば外れるようになっているはずです。
排水口には髪の毛などが詰まっていると思うので、古い歯ブラシなどを使用して掃除します。
フィルターが付いている場合には取り外して丁寧に掃除します。

排水栓にはゴムパッキンなどが使用されていると思いますが、塩素系の洗剤を使うとゴムを劣化させてしまう可能性があるため、なるべくお風呂掃除用の中性洗剤等を使用するようにしてください。

10円玉とアルミホイルで臭いを防止

お風呂の排水口のぬめり防止
金属イオンの効果で臭い防止?

排水トラップが見えているタイプの排水口なら、排水トラップのフタの上に10円玉アルミホイルを丸めたものをおいておきましょう。
銅には殺菌作用があり、アルミホイルは水に濡れると金属イオンが発生してバクテリアの増殖を抑える作用があると言われています。
掃除の回数を減らすことができるので、やっておくとよいでしょう。

ただし、これらの固形物が排水口に流れてしまうと詰まりの原因となってしまうので、掃除で排水トラップを開ける際などには落とさないように注意してください。

てすり・水栓金具・シャワーヘッドの掃除

お風呂場の手すりや水道の金具部分の掃除のコツ
金属部分がくすんでいるとお風呂場全体も暗くなります

浴室の手すりや水道の水栓金具(レバーやカラン部分)、シャワーヘッドを掃除するには、浴室用中性洗剤とスポンジ(金属製はメラミンフォーム)で傷つけないようやさしくこすり洗いし、洗剤を洗い流して乾いた布などで乾拭きします。

コツ・裏ワザ~こびりついた水あかはクエン酸のペーストを塗る

こびりついた水あかは、お掃除用のクエン酸と少量のお湯でシャーベット状のペーストを作って塗り付け、ティッシュペーパーやペーパータオルで覆って2~3時間放置してから、スポンジでこすり洗いするときれいに落ちます。 

シャワーの目詰りの掃除

シャワーの目詰まりの直し方
シャワーヘッドもしっかりお掃除

シャワーが目詰まりを起こして、明後日の方向へ水が飛んでしまうような状態になることがあります。
原因はシャワーヘッドの穴に水分に含まれるミネラル分が固着して詰まることです。
解消させるには以下の方法をお試しください。

バケツに熱湯1Lを用意して、を1カップ(200ml)まぜます(お湯と酢が6対1の割合)。
シャワーヘッドを取り外してこの中に1時間ほどつけ置くだけで簡単に目詰りを解消できます。
最後に古い歯ブラシやたわしなどで磨けばピカピカに(症状がひどい時は爪楊枝を使います)。

酢がアルカリ性のミネラル分を中和してくれて、固まりが取れやすくなるわけですね。

シャワーホースの掃除

お風呂場のシャワーホースの掃除方法
シャワーホースの表面をチェック

シャワーホースを長年使っていると、黒ずんでくることがあります。 短期間でつく汚れとは違い、目に見えないほどの変化なので、「あれっ、シャワーホースってこんな色だったっけ?」と、数年経ってから気づいたりするものです。

この黒ずみの正体、分かりますよね。
湿度の高いところには、必ずと言っていいほど出没する我らの大敵「カビ」です。
普通の洗剤ではなかなか落とすことができませんから、カビ取り剤を用意して、覚悟を決めてから戦いましょう。

シャワホース掃除のコツ・裏ワザ~カビ取り剤の準備

カビ取り剤を使うにあたっては、健康を害さないために、しっかり換気をすることが大切です。
浴室に窓がある場合は、窓を全開にし、換気扇も回しましょう。
浴室に窓がない場合も、換気扇を回すだけではなく、浴室から近い場所にある窓やドアを開けましょう。
その上で、粘膜への刺激を避けるために、目はゴーグル(100均にあります)で、鼻・口はマスクでガードしましょう。
さらに、手に直接カビ取り剤が付かないように、ゴム手袋をしましょう。

お風呂掃除のカビ取り洗剤の使い方
カビ取り剤使用時は体への影響を最小限に

カビ取りは準備8割で、残り2割はカビ取り剤の性能にお任せという準備メインの作業です。

ここまでくれば終ったも同然。あとは、カビ取り剤をシャワーホースの黒ずんだ部分になじませるだけです。
近のカビ取り剤はほとんどスプレータイプですし、泡持ちがよく、汚れにしっかり密着してくれますから、シュッ、シュッ、シュッでひと休み。
カビの程度にもよりますが、20~30分程度待ってから、水で洗い流します。
しつこいカビで、よく落ちない場合は、古ハブラシで軽くこすればキレイになるでしょう。

浴室換気扇の掃除

浴室換気扇の掃除の手順
お風呂場の換気扇の掃除はタイプごと

お風呂の換気扇は台所の換気扇と比べると油汚れがない分掃除もしやすくはありますが、何度も掃除する機会があるものでもありません。
掃除するにあたってはなるべく労力のかからないように行いたいものです。

お風呂の換気扇の多くはシロッコファンというタイプの換気扇です。
これは、キッチンなどでよく見かける扇風機のようなファンのものとは異なるタイプで、掃除が非常に大変です。
換気扇のカバーを外すと中にシロッコファンがついていますが、ファンを取り外せるタイプと取り外せないタイプのものがあります。
取り外せるものは、取り外した後に掃除することが可能ですが、取り外せないタイプの場合は、直接掃除する必要があり、とても骨の折れる作業となります。 

お風呂の換気扇には大きく分けると以下のタイプが有ります。

  • 一般換気扇
  • シロッコファン
  • 乾燥機付き

それぞれ掃除の仕方が違うので、それぞれ以下の方法で掃除を行ってください。
掃除の際には換気扇が回ってしまうと危険なので、必ずスイッチを切り電源プラグがあるものは抜いてから行うようにしてください。

○一般換気扇

最も掃除しやすいタイプです。
ファンを取り外して、汚れを拭き取ります。
カビなどが付着している場合には風呂の残り湯などを利用して、塩素系の漂白剤を混ぜてつけ置きしましょう。
その間に外枠や内側を拭き掃除するとよいでしょう。

○シロッコファン

シロッコファンは少し複雑な構造になっています。
取り外して掃除することになるため、そこそこ広い場所を確保する必要があります。
ネジで止められている部分もあるので作業にはドライバーが必要になるでしょう。

まず、化粧パネルを外します。
引っ張るだけで外れるものもありますが、ネジで止められている場合もありますのでよく見て作業を行ってください。

化粧パネルを取り外したら、中に金属やプラスチックで出来たカバーがあると思います。
こちらもネジで固定されていることが多いと思いますので、ドライバーでネジを外します。

カバーを外すとシロッコファンが見えると思います。
中心をナットなどで止めていると思うので、工具を使って取り外します。

シロッコファンが外れたら隙間のホコリ等を取り除きます。
同時に予め外しておいた化粧パネルなども掃除します。

シロッコファンを取り外すと本体部分が見えると思いますが、内部にもホコリ等が溜まっているかと思います。
こちらも汚れを拭き取りましょう。

掃除が終わったら逆の手順で取り付け直します。

掃除した後にワックスを塗ったりしておくと汚れがつきにくくなって、次回の掃除が楽になるのでお勧めです。

○乾燥機付き

乾燥機付きの換気扇は結構複雑ですが、掃除する部分は上記のシロッコファンと同様になります。
製品によっては本体をすべて取り外す必要がある場合もありますので、取扱説明書などを確認してご自分で掃除が可能かどうかの判断を行ってください。

やり方を間違えると故障させてしまうこともありますので、慎重に行いましょう。
ホコリ等が詰まっていると乾燥機能が低下してしまうので、定期的に清掃しておきたいですね。

お風呂場の天井・壁・床掃除

浴室の壁や天井の掃除のポイント
お風呂場の高い部分もしっかり掃除

浴室用中性洗剤とスポンジでこすり洗いしてから洗剤を水で流し、乾いた布などで乾拭きします。
石鹸かすや皮脂など頑固な汚れには浴室用クリームクレンザーの使用がおすすめです。
特にタイル床は目地に汚れが残りやすいので、浴室用ブラシとクリームクレンザーで目地に沿ってこすり洗いします。
なかなか手が届かない天井の掃除にはフロアワイパーを利用しましょう。
普段は床掃除に使っているものですが、柄が長いので天井にも届いてしまいます。

消毒用のエタノール等を染み込ませてやれば、天井の雑菌を殺菌してカビの発生を予防できます。
この方法はお風呂だけでなく、家庭内のどこでも使える方法ですのでオススメです。

お風呂場の天井・壁・床掃除のコツ・裏ワザ~お酢の湿布を貼り付ける

黒ずんだ部分にティッシュペーパーやキッチンタオルを張り、酢をスプレーします。いわばお酢の湿布のようなものです。これを貼りつけて2~3時間(汚れがひどい時は一晩)放置してから、たわしや浴室用ブラシでこすると黒ずみが取れます。

お風呂場の鏡の掃除

お風呂場の鏡の掃除のやり方
お風呂掃除をサボっているのがバレてしまいます

鏡の頑固な水アカはきちんと作成を立てて挑む必要があります。
たまに「ハミガキを使って落とすとキレイになる」などという情報に接することがありますが、これは要注意です。
ハミガキで汚れを落とすというのは、ハミガキに入っている研磨剤で汚れを削ることを前提にしているからです。 水アカが頑固で、鏡の表面に細かい傷を付けても良いと割り切っている時にはハミガキを使いましょう。 そうでない場合は、次に紹介する方法を試してみてください。

お風呂場の鏡掃除のコツ・裏ワザ~水アカは酢で中和する

水アカの正体は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムと言われる物質です。
水分が蒸発しても、そこに含まれている微量のミネラル分は残ってしまうのです。
これらが硬化し、固着したものが水アカの正体ですから、水アカはアルカリ性、つまり、一般的な中性~アルカリ性の一般的な洗剤では落とすことができないということです。
アルカリ性の汚れを落とすには、酸性のもので中和させること。

鏡にお酢
お風呂場の鏡の掃除をカンタンにするには

用意するのはお酢です。誰もが知る、身近な酸性溶液です。
軽めの水アカでしたら、雑巾などにお酢を染み込ませて、馴染ませるように拭くと水アカはキレイに落とすことが出来ます。

ガンコレベルが高い水アカでしたら、ガーゼやキッチンペーパーにお酢を染み込ませてから鏡に貼り、ラップで覆って2~3時間ほど放置しておけば、大体の水アカは落とすことが出来ます。

浴室ドアの掃除

お風呂場のドア
お風呂場のドアの掃除のコツ

浴室のドアは浴室内の汚れが集結しているような場所です。

通風口付近にはホコリが溜まり、 パッキンにはカビが付き、 アクリル板やサッシには石鹸カスや水アカが付きます。
面倒くさいようにも感じますが、大切なのは汚れの種類毎に適切な対処をすることです。

浴室ドアの掃除のコツ・裏ワザ

ホコリは湿度の影響でこびりついていると思われますので、強めの水圧で洗い流すか、古ハブラシなどで軽くこすれば落とすことが出来ます。
パッキンのカビには「カビ取り剤+ラップ」法が効果的です。
石鹸カスはお風呂用洗剤か重曹などで落とすことができます。
アカはお酢で落とすことが出来ます。 他の場所に比べて汚れの種類は多いですが、各々適切な対処をすれば恐れるに足りません。

収納棚、小物類、浴槽のフタの掃除

浴室用中性洗剤とスポンジで汚れをこすり洗いし、特に収納棚の隅は汚れが残りやすいので歯ブラシでこすり洗いします。
浴槽のフタの汚れは浴室用クリームクレンザーとスポンジでこすり洗いし、細かい凹凸は歯ブラシで汚れを落とします。

浴室の小物類の掃除のコツ・裏ワザ~

お風呂の小物を浴槽に漬けているところ
お風呂のシャンプーボトルなど小物の掃除を簡単にする裏ワザ

シャンプーボトルなどのヌメリがつきやすいものについては、浴槽の残り湯に重曹もしくは漂白剤を混ぜて、しばらく漬け込んでおくときれいになります。

お風呂掃除をラクにするための秘訣・掃除のタイミング

お風呂の掃除が毎日できるようになるポイント

お風呂場掃除は、カビやぬめりの掃除が面倒で時間もかかるので、つい先延ばしにしてしまいがちな場所ですが、
汚れのもとはほうっておけばおくほど頑固になり、落とすのが難しくなります。

たとえばバスタブ、お湯を張る前に掃除している人が多いようですが、入浴前の掃除よりも入浴後の掃除のほうがおすすめです。
浴槽が温かいうちは汚れが柔らかく落としやすいため、洗剤も少なめでこする力も少なくて済むからです。
あるアンケート調査の結果によれば、浴室を掃除する頻度で最も多かったのは「毎日」(約30%)という回答でした。
思い切って一度キレイにしてしまったら、あとは毎日の簡単なお手入れだけで、ラクにピカピカを維持しましょう。
大切なのは、汚れが汚れになる前に、カビが発生する前に、流してしまうこと。

実は毎日掃除するのが一番ラクな方法です。
毎日掃除なんてイヤだ!と思った方、「大変な掃除」を毎日するのは確かにイヤですね。
だけど、「お風呂に入る」のは毎日ですよね?
「掃除」とは感じない程度のものをお風呂に入ったついでにちょっとやるだけで「大変な掃除」をしなくて済むとしたら嬉しいですよね。
お風呂場の毎日のお手入れの基本は次のような流れになります。

  1. 1、熱いシャワーで汚れを洗い流す
  2. 2、汚れをスポンジでこすり落とす
  3. 3、冷水シャワーでお風呂場の温度を下げる
  4. 4、乾いたぞうきんで水気を拭き取り、窓を開けたり換気扇を回して乾燥させる
シャワーとスポンジ
お風呂の掃除はシャワーとスポンジでサッと行う

その日の汚れはその日のうちに、シャワーの熱湯とスポンジだけで簡単に落とすことができます。

例えば浴槽の湯あか汚れは、入浴用のお湯で汚れが浮いて取れやすくなっているので、入浴後すぐに掃除をすることがおすすめです。

冷水でバスタブや壁、床などをすすいでお風呂場の温度を下げてから水気を拭き取って乾燥させるのは、カビの繁殖を予防するためです。

これだけで毎日お手入れとしては十分といえますが、シャンプーボトルやバスタブのフタ、照明や鏡など細かいところが気になる方は浴室用中性洗剤を使うなどして、より丁寧なお手入れをされるのもいいでしょう。

お風呂掃除に必要な道具と洗剤まとめ

お風呂掃除洗剤とスポンジ
お風呂掃除の洗剤と道具、これがあれば安心

お風呂掃除を究めたい方にお教えします。
お風呂掃除では道具・洗剤の選び方が重要なポイントになります。
普段のお手入れや大掃除には、次の道具・洗剤を用意しておけば十分といえます。

道具

  • ●スポンジ(ウレタンフォーム)
  • ●たわし
  • ●柄付きスポンジ
  • ●ぞうきん
  • ●歯ブラシ
  • ●床用ブラシ
  • ●キッチンペーパー
  • ●割りばしと布きれ
  • ●爪楊枝
  • ●ゴム手袋
  • ●ゴーグル

洗剤

  • ●浴室用中性洗剤
  • ●浴室用クリームクレンザー
  • ●洗浄用重曹
  • ●洗浄用クエン酸
  • ●浴室用カビ取り剤
  • ●風呂釜用洗浄剤
  • ●配管用洗浄剤

おすすめの新しい道具・洗剤

最近はお風呂掃除用のさまざまな新兵器が開発されています。 また、洗車用など他の用途の道具をお風呂掃除に使うのも裏ワザとして効果的です。 「どうやっても落ちない汚れがある」「お風呂場をもっとピカピカにしたい」という方におすすめです。

  • ●メラミンフォーム……
    水を含ませてやさしくこするだけで、汚れが簡単に落ちます。
  • ●ダイヤモンドパッド……
    鏡にこびりついた水あか落とし専用です(強くこすり過ぎたり、他の場所に使用すると傷が付くことがあるので要注意)。
  • ●洗車用スポンジ……
    サイズが大きく柔らかいのでお風呂掃除にもってこいです。
  • ●洗車用ハンドワイパー……
    天井のこすり洗いに重宝します。
  • ●窓ガラス清掃用スクイージー(水切りワイパー)……
    水分を素早くきれいに取り除くことができます。
  • ●固形の植物性中性クリーナー……
    こびりついた頑固な汚れやもらいサビなどに効果を発揮します。

適切な洗剤を使えば汚れは落ちる!

風呂掃除洗剤の成分表
お風呂の汚れは酸性・アルカリ性・中性の種類を知ると楽になる

お風呂掃除では、汚れの正体を見極めて、その汚れを落とすのに適した洗剤を選ぶことが、道具選び以上に重要なポイントになります。

お風呂場の汚れは大きく次の5種類に分けられます。

  • ●ざらざら、ぬめぬめした汚れ=水あか、湯あか
    水あかは、水中のケイ酸が堆積したものです。 湯あかは、皮脂や石鹸かす、ほこりなどが混じり合って堆積したものです。
  • ●白っぽい硬いざらざら汚れ=金属石けん
    石けんの脂肪分と手中のカルシウムなどが金属と反応して生じる汚れです。
  • ●浴槽の水面近くなどの青っぽい汚れ=銅石けん
    銅製の配管を使っている浴室で発生する汚れで、配管から溶け出た銅イオンと石けんや皮 脂に含まれる脂肪酸が反応して生じます。
  • ●プラスチックやステンレスのさび=もらいさび
    金属部分のさびが付着したものです。
  • ●黒・紫・ピンクの汚れ=カビ

一方、浴室用洗剤には主に次の成分が含まれています。

  • ●界面活性剤=汚れに浸透し、乳化・分散させます。
  • ●アルカリ性・酸性剤・漂白剤=科学反応で汚れを分解し、除去します。
  • ●溶剤=汚れを溶かして除去します。
  • ●研磨剤=物理的に汚れをこそげ落とします。

水あか・湯あか・金属石けん・銅石けんは、界面活性剤が主成分の浴室用中性洗剤とスポンジでこすり洗いしてしばらく放置すれば、除去成分が汚れに浸透して落ちやすくなります。

それでも落ちない場合は研磨剤を含んだクリームクレンザーでこすり洗いすれば、柔らかくなった汚れをこそげ落とすことができます。

アルカリ性の重曹、酸性のクエン酸は、皮脂汚れや石けんカスなど頑固な汚れの分解に優れています。

塩素系の漂泊剤は、浴槽やシャンプーボトルなどの黒ずみの分解・除去に効果的です。

浴室用中性洗剤やクリームクレンザーで落ちないカビには、塩素系のカビ取り剤を使用しますが、それでも落ちないカビは溶剤を含んだより強力なカビ取り剤で溶かして落とします。

汚れが固まる前に毎日流してしまうことが、一番おすすめですが、もし汚れがこびりついてしまった場合には、汚れの性質を知って、適切な洗剤を選ぶことが、もっとも苦労をせずに簡単に掃除を行う方法と言えます。

見落としがちなお風呂の掃除ポイント実演レポート

毎日こまめにやりたいお風呂の掃除。
見落としがちな、浴槽のオーバーフロー排水穴の中を掃除してみました。

浴槽のオーバーフロー排水穴掃除"
蓋を回して見ることもできます

浴槽の中にある、お湯が溢れないために設置されている排水の穴。オーバーフローの部分は、

カバーがあって中の黒ずみを見落としがちです。

まずはメラミンスポンジで落とせるかチャレンジしてみます。

お風呂の黒カビをメラミンスポンジで落とす"
黒ずみが簡単に取れました

黒ずみの正体はどうやら黒カビのようです。

浴槽の材質、湿度の関係もあり、メラミンスポンジで簡単に落ちます。

お風呂の黒カビをカビ用スプレーで落とす"
カビとわかればカビ取りスプレー登場

メラミンスポンジで黒カビをざっと落としたら、カビ用のスプレーをかけて、15分待ちます。

黒カビが落ちたオーバーフロー排水穴"
浴槽の色がはっきり見えます

びっくりするほど綺麗になりました!

やはり、カビにはカビ用のスプレーが効果的です。

でも、よーく見ると、浴槽の壁とカバーの間がまだ黒ずんでいるようです。

メラミンスポンジを割り箸で挟んでお風呂掃除"
たまに掃除する箇所は徹底的に

気になる部分をメラミンスポンジを割り箸で挟んで、しっかりお掃除します。

キッチンペーパーを挟み込んでカビ取りスプレーをすると、ちぎれて排水に流れ、詰まりの原因になることがありますので、注意してください。

カバーを外せるなら、外して、キッチンペーパーとカビ取りスプレーで落とせます。

お風呂掃除のビフォーアフター"
見落としがちな部分もピカピカに!

綺麗になりました!

お風呂掃除は、まず「汚れを溜めないこと」そして、「隠れている汚れを見つけること」が大切ですね。

 

ある程度のお風呂掃除は市販の道具や薬剤で対応出来ますが、あまりにひどい状態の場合は個人では対応できないこともあります。

また、塩素系の薬剤を長時間使用すると体調を悪くすることもありますので、無理がない範囲で掃除をすることをおすすめします。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定