お風呂のトラブル

本体とシャワーホースから水漏れしている

ホースの劣化などの可能性があります。

解決方法

本体部分からとシャワーホースの両方から水漏れを起こしてしまっている場合は、シャワーホースのホースが劣化してしまっているということが1番多い原因です。 ホースに使用をしている部品を新しい者に交換してあげることで、水漏れの症状を改善させることが出来ます。

以下のような手順で作業をして頂くと、修理を行うことが出来ます。 とても簡単な作業工程ですので、素人の方でも説明を見ながら、作業をして頂くことが出来るでしょう。

手順1

止水栓をとめて、水とお湯の両方が出ないようにしておきます。

手順2

まず袋ナットの締め直しを行います。 ホースの劣化でない場合は、袋ナットが緩んでいることで水漏れが起こっている可能性があるのです。 袋ナットをきちんと締め直しをしたにも関わらず、水漏れの症状が改善されない場合は、部品の劣化が水漏れの原因の可能性が高いですので、パッキンの交換へと進みます。

手順3

パッキンを新しいものに交換をします。 先ほど閉めた袋ナットを時計回りに回して緩め、袋ナットを外し、中にある古くなったパッキンを取り出します。 そして、パッキンを新しいものに交換をします。 パッキンは、ホームセンターで購入をすることが出来ますので、サイズをきちんと測って購入をしておきましょう。 作業当日にパッキンを購入される場合は、古くなったパッキンを取り出し、それを持参してホームセンターに行かれると、買い間違いを防ぐことが出来ます。

手順4

パッキンを新しいものに交換をしたら、袋ナットをしっかりと締めてもとの状態に戻しておきましょう。 あまり、きつく締めすぎると、次回の際に緩まなくなったり、ナット自体が損傷をしたり、他の箇所に水漏れが起こってしまう可能性がありますので、気をつけて下さい。

手順5

止水栓を開けて、水漏れが直っているか水を出して確認をして下さい。 水漏れが起こらないようであれば、作業は完了です。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定