トイレのトラブル

給水管からの水漏れ

【予防策】


こまめな掃除と換気が唯一最大の予防策です。老朽化や経年劣化はやむを得ないと割り切り、それを如何に遅らせるかを考えると、温度、湿度、汚れの管理をする以外に方法はありません。即ち、掃除と換気です。

 

【トラブルの原因】


温度、湿度、汚れ等による経年劣化が原因の場合が多いです。漏れている水の量が多い場合は給水管そのものに損傷のある可能性が高いです。ポタポタ程度なら、パッキンの劣化や損傷である可能性が高いです。

 

  • パッキン

給水管から水漏れが発生している場合は、専門的な知識がある方や普段からこういった修理作業をされているような方以外は、基本的に専門業者を呼んでプロに修理をしてもらうことをお勧めします。

給水管は、使用頻度が高いこともあって、温度や湿度、汚れに対する対策を行っていても、短期間で老朽化をしていきます。

劣化が激しければ、損傷が大きいこともあります。

特に、給水管から大量に水が漏れてきているような状態であれば、給水管自体に損傷があることが多く、放っておくとさらに大量の水が漏れ出して来るようになります。

給水管から大量に水が漏れてきているような場合は、まずご自身で行う応急処置としては、止水栓をマイナスドライバーで閉めて下さい。
こうすることで、水が出なくなりますので、水漏れが起こることもありません。

そのあとに、専門業者に給水管の修理の依頼をして下さい。給水管からポタポタと滴が落ちている程度であれば、自分で修理が出来るかもしれないと思われるかもしれません。
ポタポタと水滴が落ちてくる程度であれば、ほとんどの場合が、パッキンに損傷が起こっているようなことは多いのです。

パッキンの交換くらいなら、素人でも出来るのではと思われるかもしれません。 しかし、給水管の場合は、きちんと専門業者に修理を依頼した方が賢明です。
ただ、DIYに自信があるという方は、以下の手順で作業を行えば、パッキン程度であれば交換をすることが出来ます。


手順1

止水栓をマイナスドライバーで閉める。右に回すと閉まります。


手順2

給水管の直径をノギスで測定して、サイズのあったパッキンを購入する。パッキンはホームセンターなどで購入することが出来ます。


手順3

水漏れを起こしている箇所のパッキンを交換する。


手順4

止水栓を開放する。


1~4の手順を行っても水漏れが発生する場合は、やはり専門業者を呼んで修理をしてもらって下さい。

トイレには温水洗浄便座をはじめ、電化製品が増える傾向にあります。これにより、感電や漏水による事故もしばしば起きています。たかが水漏れと侮らず、老朽化のサインと捉えてください。水漏れ以外の箇所も含めた総点検を専門業者に依頼したり、場合によっては取り替えの検討もしてみましょう。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定