トイレのトラブル

固形物が詰まっている場合のトイレ詰まり対処

便器が溢れている場合、トイレの表に行き、桝があるか探します。トイレの外側だけでなく、2,3m離れて設置されている場合もあるので念入りに探します。 見つけたら蓋を開けて、中がそれほど汚れていない場合は便器につまっている可能性が高いです。

  • ラバーカップ

トイレつまりの原因が固形物の場合は、注意が必要です。

固形物とはめがねや携帯電話などです。

 

 

 

固形物が詰まっている場合の対処

 

固形物つまりの場合、スッポンやワイヤーブラシで対応すると事態を悪化させる場合があります。
固形物を取り出せなくなったり、便器を破損させてしまったりです。

また無理に取り出そうとして便器を壊すということがあると便器の交換が必要になる場合もあり、リスクが高くなります。

スッポンを使っても固形物を取り出せない場合には便器を分解するなどの大掛かりな対応が必要な場合があります。

落とした携帯電話など、固形物の詰まりの原因になっている場合は無理をせず業者を呼びましょう。

また抵抗があるかとは思いますが、便器に手を突っ込んでつまりの原因を直接取り除くという方法もあります。
(気休めではありますが、雑菌はトイレよりも携帯電話の方が多いそうです)

水洗式トイレは構造上、排水路が屈折しているため、この位置に固形物が詰まっている可能性があります。
手が届く範囲につまりの原因があれば、直接取り除くことでつまりを解消することができます。

上記はごく浅い部分が詰まりの原因となっている場合の対応です。
汚水管が詰まりの原因となっている場合はこちらを参考にしてください。

汚水管のつまり

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定