トイレのトラブル

トイレつまりの対処(原因・解消・予防)

トイレつまり 前兆

水回りの中でもトイレは日常生活において最も頻繁に使用される場所です。

そのため、詰まりや水漏れなどのトラブルも起こりやすいです。

そして、トイレ詰まりなどでトイレを正常に使用できない状態は
水回りのトラブルのなかでももっとも切実なトラブルと言えます。

もし仮に自分自身でトイレのトラブル解消出来れば
余計な出費を抑えるだけでなくもっとも迅速な解決ができます。


多くの場合はラバーカップ(スッポン)を使った対処で回復させることが出来ますが、
そうでない場合は深刻な問題が発生していることもあります。

ここではトイレつまりの原因や解決方法、予防法、注意事項などをご紹介します。

 

トイレつまり 原因

トイレに流してはいけないものの代表格はティッシュペーパーです。トイレットペーパーをきらしてしまった場合に、つい使ってしまいがちです。

しかし、ティッシュペーパーは見た目は似ていても、水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、詰まりやすい素材と言えます。

詳しくは「トイレつまりの原因」で解説しています。

生理用品や紙おむつなども同様に詰まりの原因となりますので、トイレには流さないようにしましょう。
また、トイレットペーパーやトイレ用ペーパークリーナーであっても、ゴミ箱代わりに大量に流すようなことをした場合には、便器つまりの原因となります。ペーパークリーナーなどをトイレに流す際には商品説明をよく読んで、正しい量を使い、流すようにしてください。
その他、携帯電話などの異物もトイレつまりの原因となりますので、たとえ不要なものを便器に落とした場合でも、すぐに取り出すように心掛けてください。
 

トイレつまり 解消策

トイレつまりを解消するには、大きく四つの対処法があります。
1.スッポンで詰まりを解消
2.ワイヤーブラシで解消
3.高圧洗浄機で解消
4.便器を散り外して解消

ここではそれぞれ4つの対処法について解説します。

 

トイレつまり 予防策

便器のつまりを予防するには、「トイレに流してはいけないものを流さない」の一言に尽きます。トイレに流してもよいものは排泄物とトイレットペーパー、トイレ用ペーパークリーナーのみです。それ以外の製品は「水溶性ではない」可能性が高く、詰まりの原因となる可能性があるため、少量であってもトイレには流さないように心掛けましょう。

「トイレつまりの原因になりやすいもの」で挙げているものは、特に詰まりを引き起こす可能性が高いので、注意しましょう。

  • 高圧洗浄機
  • ラバーカップ
  • ウォーターポンププライヤー
トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

トイレつまりが起こる前兆

上記の通り、なにか大きな固形物を落としたという場合でなければトイレのつまりは

段階的に進行していくことがほとんどです。

前兆を察知して、早めに対処することで深刻なつまりを起こす危険を回避することができます。


トイレ詰まりやすい箇所断面図2 水位が高い
トイレ詰まりやすい箇所断面図3 水流が少ない
トイレ詰まりやすい箇所断面図4 異音がする

水を流した時に溜まる水の水位が高い

用を足した際に流した水が流れにくくなり水位が
高くなっている場合はトイレ自体の問題ではなく、
配水管がつまりを起こしている可能性があります。

水位が下がるまで待って、
下記「ラバーカップを用いたトイレつまり解消」を
行なって、流れやすくなるか試してみましょう。
それでもつまりが解消されない場合には、トイレの使用を
控えてトイレ修理の専門業者に連絡したほうが無難です。
無理に自力で解決しようとしてトイレのつまりだけでなく、排水管に関わる2次的なトラブルが発生するケースもあります。
排水管のトラブルは専門的な知識がないと解決が難しいと言うことは覚えておきましょう。


水流が少ない

こちらは便器内でつまりを起こす直接的な
原因ではないのですが、上記の節水目的でペットボトルを
タンクに入れることと同様に、汚物を流すための水圧が
足りずに排水管や便器内部でつまりを起こす危険性を高めます。

水流が少ない場合はフロート弁(ゴムフロート)が
機能していない、などのタンク内部の問題が起こっている
可能性が高いため、タンクの内部を修理する必要があります。

タンクに水がたまらない場合の対処を行なって、
十分な水量が保てる状態にしましょう。
作業の際には止水栓を締めることを忘れないようにしましょう。

また、明らかにタンクの水が便器内に流れ出している場合にはすぐに対処しないと高額な水道料金を支払うことになりかねませんので、
なるべく早く原因を特定して対処しましょう。

タンクでチョロチョロと音がするという場合でも、月に2000円ほどの無駄な水道代が発生します。
これはトイレに限った話ではなく、水漏れが起こっている際にはすべて当てはまります。


水を流した時に異音がする

水を流した際に異音がする場合も注意が必要です。
排水管そのものに問題がある場合や、すでに何か
異物のつまりがトイレ内部で発生している可能性があります。

多くの場合はトイレの修理専門業者に委託しなければ
解決しないので、賃貸住宅の場合は管理会社に、持ち家の
場合は業者に連絡して早めに解決しておきましょう。

排水管に問題がある場合は放置するとトイレだけでなく、
その他の水場にも悪影響が発生するかもしれません。

 

以下、トイレに関するよくある質問です。
つまりの前兆となっている場合があるので、心当たりがあれば気をつけましょう。

最近トイレの水流が弱いのですが大丈夫でしょうか
水を流すと水位が上がって溢れないか心配です
便器の水がすぐになくなります

 

自然に解消されることも

残念ながらラバーカップを用いた方法でも詰まりが解決しなかったとしても、少し落ち着いて待ってみましょう。
夜なら一晩トイレにいけなくなりますが、待つことで自然とつまりが解消されることもあります。

トイレットペーパーを大量に流したり、ペットのトイレ砂を流した場合などによくあることではありますが、時間がたつことで異物が水に溶け込んでつまりがなくなるということで解消するようです。

ただし、それでもつまりが解消されなかった場合にはすみやかにトイレ修理の専門業者に連絡して直してもらってください。
無理をして使い続けると、本格的につまりが深刻化した際にトイレから溢れた水で家を汚してしまう可能性があります。

ワイヤーブラシというと一般的には針金を束ねたクシのようなものを想像されるかもしれませんが、排水管の掃除に使用するワイヤーブラシは細長い金属のバネのようなもので、先端部分がバラけており、この先端部分が排水管の内部を通過する際に詰まっている異物を崩したりすることで詰まりを解消します。

水道工事の専門業者でも扱いが難しい器具ですが、使えればトイレだけでなくあらゆる排水管の清掃ができるようになるので、一度チャレンジしてみましょう。

 

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

トイレつまりを説明する断面図1 詰まりやすい箇所

トイレ詰まりの原因

●トイレの仕組み

トイレの便器の中には、常に水をためていています。
それは下水からの臭いや昆虫などの侵入を防ぐためです。
タンクから水を流すと、排泄物などを、せきを超えて
下水管に流し込むことになります。

●トイレ詰まり原因の3つの要因

トイレのつまりは、
”つまりやすい箇所”
①水流の強さ(弱さ)
または
②異物
のどれかに加わって引き起こされるケースがほとんどです。

●つまりやすい箇所

1)つまりやすい箇所 せき(図参照)
便器のせきの部分は排水路の中で狭くてしかも急カーブになっています。
この箇所がつまりやすい第一の箇所です。
2)つまりやすい箇所 排水口の手前(図参照)
排水口の手前の便器排水路の出口付近にくぼみがあり
ここにも常時水が溜まっています。
ここも詰まりやすい第二のポイントです。

●水流の強さ

多くのタンク式トイレでは大小のレバーがついており、用途に応じて使い分けるようになっています。当然大のレバーの方が小のレバーより、水流が強く設定されています。
言い換えれば大便を流すのに、小のレバーをひくと必要な水流は得られないことになります。また、節水などの目的でタンクにペットボトルなどを入れる場合もよくあると思います。これが実はつまりの原因となる場合もあります。
トイレの内部や排水管は思うより複雑になっており、ある程度の水流がないと内部で固形物の詰まりを起こしてしまう可能性があるため、確実に流れるように水量が調整されています。
ペットボトルなどでのタンク内水量の調整は水道代の節約にはなりますが、重度のつまりを起こした場合のデメリットを考えると避けたほうがいいといえるでしょう。

●異物の紛れ込み

水洗トイレは基本的には、水に溶けるトイレットペーパーのみが使用可能になっています。
そしてトイレのつまりは多くのケースは、トイレに落とした異物にトイレットペーパーなど異物がが引っ掛かり、排水がうまく行かなくなることが原因となって起こります。
不要なものなどは落としてしまっても拾うのを躊躇してそのまま流してしまいがちですが、詰まりの多くはこういった小さな異物が原因となります。
普段からトイレにはトイレットペーパー以外の物は流さないようにして、詰まりを起こしにくくしておきましょう。またトイレットペーパーの使いすぎもつまりの原因となる場合があります。
トイレットペーパーの平均使用量は一人あたり3~4ロール/月とのことなので、これ以上使っている感覚があるのなら、少し控えてもいいかもしれません。

 

トイレつまりの解消策  4つの方法

トイレ詰まりの対処法は大きくは4つの方法があります。
詳しくは下記をご覧ください

 

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

 

ラバーカップ(スッポン)を使ったトイレつまりの解消


手順1 作業の準備

便座の周囲に汚水が飛び散るのを防ぐために、透明のビニールシートの真ん中に穴を開けて、そこにラバーカップの柄を通します。


トイレ詰まりやすい箇所断面図6 ラバーカップを使う

手順2 ラバーカップを使用する

便器の排水口の部分に隙間が出来るだけ
できないようにラバーカップ(スッポン)をくっつけて、まずゆっくりと
排水口に向かって押し、そのあと勢いよく引き抜いて下さい。
排水構口に排水が引き込まれるようになるまで、この作業を繰り返して下さい。

トイレットペーパー以外のものが排水口に詰まっている場合は、
配管が詰まってしまう可能性がありますので、詰まりの原因を押し流してしまうの
ではなく、便器内に引き戻すようにして下さい。 水が便器内に溢れかかっており、
便器内の水位が上昇している場合は、ラバーカップを押し込んでしまうと、
タンクの排水弁が開いてさらに汚水が便器内に入り込んで溢れてしまう
可能性があります。

その場合は、手動のポンプを使って水位を下げてから使用をして下さい。
ラバーカップを使っても詰まりが取れない場合は、専門の業者を呼んだほうが賢明です。


手順3 水を流す

詰まりが取れたような感覚があれば、バケツを使って便器内に勢いよく水を流してみて下さい。
スムーズに排水をされているようであれば、詰まりが取れたことになります。 この際に、タンクの水を流される方がおられるのですが、もし詰まりが取れていなかった場合は、便器内に汚水が溜まって溢れてしまうこともあります。
まずは、バケツに水を汲んで少な目の水を流すようにして下さい。


手順4 詰まりの状態が続く

排水口内に詰まりの原因がまだ残っているような感覚があれば、ラバーカップでは取れないものが詰まっている可能性が高いです。

この場合は、専門業者に連絡をして点検をしてもらって下さい。


 

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

ワイヤーブラシによる解消

ラバーカップでうまくつまりが解消されない場合はワイヤーブラシで取り除くという方法があります。
但しこの方法はつまり症状がかなり困難な場合にのみ使うようにしましょう。
なぜなら、経験が少ない人がワイヤーブラシを使ってもうまく行かない場合が多いからです。
本項では一応つまり解消法のひとつとして説明を行ないます。

ワイヤーブラシの選び方

ワイヤーブラシを常備しているというご家庭もあまりないかと思いますので、まずはどういう基準でワイヤーブラシを選べばいいのかという点からご説明します。

ポイント1 強度

ワイヤーブラシは長く出した針金を配管の奥まで進めて詰まりを解消させるという特性上、ある程度の強度がなければ途中で折れ曲がってしまい、詰まりの発生している排水管の中まで到達することが出来ない場合があります。

使用する排水管の形状(どの程度曲がりくねっているか)にもよりますが、ある程度硬さのあるものを選ぶべきでしょう。


ポイント2 値段

ワイヤーブラシ

市販のワイヤーブラシは業務用のワイヤーブラシに比べて格段に安いです。
しかし、その分強度が劣ります。

前述のとおり、強度がなければつまりの解消ができない可能性があるので、
値段よりも強度を優先して考えたほうがいいでしょう。

一般的には2000円~5000円ぐらいの価格帯で市販されているようです。


ポイント3 長さ

長ければ長いほどいいというわけでもありません。
というのも、家庭用に市販されているワイヤーブラシの殆どは、前述の強度の問題で10mも20mも先までは進めないからです。

基本的には2~3mレベルの詰まりを解消することが限界で、それ以上は自分でやるよりも業者に委託したほうが金額的にも労力的にもお得だと思います。

トイレ詰まりやすい箇所断面図5 ワイヤーブラシを使う

ワイヤーブラシの使い方

基本的にはワイヤーを伸ばして排水管の奥に進めていくという作業になるのですが、効率よく排水管の清掃を行うには以下の手順で作業を行いましょう。

手順1 汚水の飛び散りを防ぐ

トイレつまりの対処全般に言えることですが、ビニール袋などを切り広げて穴を開けたものに通す形で汚水の飛び散りを防止しましょう。


手順2 ワイヤーを伸ばして便器の中に入れる

2mも出していれば十分です。
トイレの底めがけて伸ばしていきます。


手順3 ねじりを加えながら差し込む

ワイヤーブラシを使用する際にはただワイヤーを
伸ばしていくだけでなく、ワイヤーが排水管の壁面をグルグルと
螺旋を描くようにねじりながら突っ込んでいきましょう。

トイレの構造上、それほど長くワイヤーを出す必要はありません。
また、家庭用のワイヤーブラシは柔らかいため、内部でもつれてしまうことがあるので注意しましょう。


手順4 ワイヤーを前後させて詰まりを解消する

ある程度伸ばしたら、異物を引っ掛けたり汚れを崩すイメージでワイヤーを前後させます。

もし、ある程度の長さまでワイヤーを伸ばして効果が見られないようですと、排水管のつまりが原因となっている可能性が高いので便器を取り外して作業する必要があります。


手順5 ワイヤーを清掃する

この作業が最も大変かもしれません。作業に使うために長く伸ばしたワイヤーを清掃します。

バネ状の構造になっているため、隙間に汚物が入り込んだりするので念入りに掃除しましょう。
もったいないですが、使い捨てとして考えるのもひとつの手かもしれません。

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

高圧洗浄機を利用したつまり解消の手順

手順1 汚物の飛び散りを防ぐ

高圧洗浄機は水を噴射して掃除する機械です。
トイレで使用すると、ほぼ確実に汚水が跳ね返ってきます

まずはゴミ袋などに穴を開けたものを水除として作り、トイレにかぶせて汚物の飛び散りを防ぎましょう。


トイレ詰まりやすい箇所断面図7 高圧洗浄機を使う

手順2 ホースを便器の曲がり角まで突っ込む

便器の底で曲がっている部分までホースを突っ込みます。
そのため、使用する高圧洗浄機はホースの先端が曲がって
いるものを使用する必要があります。


手順3 スイッチを入れて水を噴射する

便器の曲がり角までホースを入れたら、スイッチを入れて
汚物を吹き飛ばします。
上述したとおりラバーカップとは違い、汚物を押しこむことに
なるため固形物が原因の場合は絶対に行わないようにしてください。


手順4 バケツなどで水を流してつまり解消を確認する

水洗レバーで水を流さずにバケツなどで組んだ水で流れるか確認しましょう。

問題なく流れればつまりは解消されています。

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

トイレ便器の取り外しと詰まりの原因の除去

手順1 止水栓を締めて水を止める

すべての水まわり修理・工事に共通ですが、まず水が出ないようにします。
マイナスドライバーで締めるだけで止められます。


手順2 給水管を外す

ウォーターポンププライヤーかモンキーレンチを使って給水管を取り外します。
この時タンク内部に部品を落としがちなので気をつけましょう。


手順3 タンク内と便器の水を抜き取る

タンク内の水を灯油ポンプなどを使って抜き出します。
同時に便器に残っている水も抜き出しましょう。
灯油に使用したものは使わないでください。

また、手洗い蛇口の付いているタイプの便器はこの時に蛇口につながっているホースを取り外しておきます。


トイレ詰まりやすい箇所断面図8 便器を脱着する

手順4 便座からタンクを取り外す

タンクに接続されているものを取り外したら、まっすぐ上に
持ち上げてタンクを取り外します。
陶器製なので、落とさないように慎重に作業しましょう。


手順5 便器を取り外す

便器を固定しているナットを外して、
便器を取り外します。
ナットは陶器で出来ている場合が多いため、割って
しまわないように気をつけてください。

また、便器を持ち上げると下水管が丸見えになるため、
パッキン等の部品を落とさないように何かで蓋をしておきましょう。


手順6 詰まりの原因を特定して取り除く

便器を取り外したら詰まりの原因を特定して取り除きます。

便器も下水管側から見てみたりして、固形物が詰まっていないか確認します。
下水管に何かが詰まっている場合は、落として済まさずに必ず回収しましょう。

より下流での詰まりの原因となる場合があります。


手順7 逆の手順で取り付ける

外した時と逆の手順で便器を取り付けます。
実はこの作業が最も難易度が高かったりします。


手順8 念の為にバケツで水を流して流れを確認する

つまりの原因が見えていた場合は除去することで解決するはずですが、組み立てのミス等がある可能性もあるので念の為にバケツで少しずつ水を流して流れを確認しましょう。

床に水が流れたりした場合には、残念ながらやり直しです。

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

トイレつまりの予防

トイレつまりはトイレットペーパーの使い過ぎなどが原因となることが多いですが、実は水の流し方に気をつけるだけでも予防することができます。

水洗レバーには「大」と「小」があり、御存知の通り大便と小便という意味です。
節水のつもりで大便の時に小の方で流すという方も多いかもしれませんが、これが詰まりの原因となることがあります。

タンクの水量は便を流すのに必要な量が計算されており、大と小でその使い分けをしているのです。
便を流しきるのに必要な水量は思ったより多く、同様に節水のためにペットボトルなどをタンクに入れたりすると詰まりの原因となります。

トイレつまりの原因になりやすいもの

トイレには基本的にトイレットペーパー以外のものは流さないほうがいいでしょう。

よくあるつまりの原因としては、大量のトイレットペーパーを流したり、ティッシュペーパーをトイレットペーパーがわりに使ったりしたケースです。

ついトイレに流してしまい、詰まりの原因となりやすいものをリストにしておきますので、確認しておきましょう。

トイレつまりの原因になりやすいもの
  • 大量のトイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • ペットのトイレ砂
  • 食べ残し
  • 吐瀉物

 

特にペットのトイレ砂は吸水性の高いものも多く、内部や排水管にこびりついて深刻なつまりを引き起こす可能性が高いです。
少々面倒でもしっかりと処分するようにしましょう。

食べ残しや吐瀉物には油分が含まれている可能性が高いため、トイレに流すと詰まりの原因になってしまいます。
油分は水に浮く性質もあるため一箇所に固まりやすく、油分が便器の内部や排水管に付着して水の流れを悪くしてしまいます。
また、胃酸によって浄化槽内のバクテリアが死滅して浄化機能が低下するという問題もあります。

とは言え、嘔吐する場合には場所を考えている余裕もないかと思いますので、トイレで嘔吐した場合には普段より念入りに水を流してなるべく油分を流すようにしてください。

ティッシュペーパーもトイレットペーパーがなかった場合に代用品として使いがち(人によってはトイレ用にティッシュペーパーを用意している場合もあります)ですが、トイレットペーパーがほぐれやすい繊維構造になっているのに対して、ティッシュペーパーはほぐれにくい繊維構造になっているため、異物などが排水管やトイレ内部にこびりついたりしている場合に引っかかる可能性が高くなります。

少量であれば問題にならないと思いますが、トイレットペーパーと同じ感覚で大量にトイレに流すとつまりを起こす原因となりますので、なるべく避けましょう。

ちなみに、トイレットぺーパーでトイレを詰まらせるにはダブルで半分、シングルで1ロールを一度に流すぐらいの量あれば十分だそうです。
トイレットペーパーだけではなかなか詰まりの原因とはならず、何か他の要因と合わせてつまりを起こしてしまうことがほとんどだということです。

トイレつまり TOP
トイレつまり 前兆
トイレつまり 原因
トイレつまり 解消策
ラバーカップ
ワイヤーブラシ
高圧洗浄
便器取り外し
トイレつまり予防策
注意事項

ラバーカップで便器のつまりを解消できなかった場合に、細長い金属製のモノなどを突っ込んで、無理矢理とろうとしないでください。トイレの奥につまっている物をさらに奥に押し込んで更に取りにくくしたり、便器そのものを傷めてしまったりするリスクがあります。

自身で解消できるトイレつまりは症状の軽いものばかりですので、ラバーカップを使用する方法や手を突っ込んで異物を取る方法などを試してつまりが解消されなければ、業者に委託したほうが便器故障等のリスクが少なくなります。

また節水のためにタンク内にペットボトル等を沈めて水の量を減らした場合、水圧が下がり、便器のつまりの原因になることもありますので、十分にご注意ください。

トイレの水量はつまりを起こさないように調整されています。

トイレのトラブルは悪化すると便器を分解して対応する必要が出てきたり、壊してしまった場合にはトイレそのものを交換するといった可能性も出てきます。

つまり程度で済むうちに業者に解決してもらうことも考慮しておいたほうがいいでしょう。

※各地域でのトイレつまり事例など

札幌市でのトイレつまり
千葉県でのトイレつまり
名古屋市でのトイレつまり
静岡県でのトイレつまり
大阪府でのトイレつまり
神戸市でのトイレつまり
広島県でのトイレつまり
福岡県でのトイレつまり

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定