トイレのトラブル

トイレ掃除のテクニック

トイレは家の中でも最も汚れやすく、嫌な臭いも起こりやすい場所ではないでしょうか。

汚れにくくする方法や、匂いを抑える方法など、トイレ掃除のテクニックを持っていれば、スッキリ清潔なトイレを保つことが出来ます。

トイレを汚さないようにする

まず基本的なことなんですが、汚れなければ掃除する必要はありません。

特に男性は座って用をたすようにすれば、かなり汚れを抑えることが出来ます。
立ったまま用を足した場合、実はかなり広範囲に小便が飛び散っています。

また、大便の時には便器の中にトイレットペーパーを一切れ敷いておくのも、便器を汚さない方法として効果的です。
トイレットペーパーがもったいない気もしますが、掃除の回数が増えたほうがトイレットペーパーやおそうじシートなどの消費が多くなると思えばいいでしょう。

汚さないように気をつけて、掃除の回数を少なくできるようにしましょう。

定期的に掃除して尿石の発生を防ぐ

これも基本ではありますが、少なくとも週に1回ぐらいは掃除をするようにしましょう。

トイレのニオイのもとは、尿石です。
尿石が発生するまでには一定の期間が必要となるため、できるだけこまめに掃除を行うことによって、尿石の発生を防ぎ、臭いを抑える効果が期待できます。

逆に、掃除をあまりやらない場合は尿石が発生して、臭いが起こりやすいトイレになります。
尿石はこすってもなかなか取ることは出来ず、強酸性の尿石除去剤を用いなければ取れないということがほとんどです。

尿石を発生させないために掃除する、という形で考えればとりかかりやすくもなるかもしれませんね。

トイレ掃除のコツ

高い位置から掃除する

トイレだけではないですが、高い位置から掃除を始めましょう。

トイレットペーパーなどを収納している棚があれば、まずは棚を掃除して、次にタンクの上、便器カバー、便器、床という流れでやっていくと効率がいいと思います。

トイレットペーパーを活用する

市販のおそうじシートは掃除には便利なのですが、トイレットペーパーのほうがはるかに安上がりです。

スプレーを吹きかけたりする場合などは、まずトイレットペーパーで拭きとってから、おそうじシートで仕上げるようにしましょう。

小物はつけ置き洗い

ペーパーホルダーなどもたまには掃除してあげましょう。

これらのトイレ内の小物は、バケツに溜めた水に漂白剤を混ぜたものに漬け込みましょう。
トイレ掃除の間つけておいて、終わった時に水で洗い流すだけである程度の汚れやぬめりなどがとれてしまいます。

お風呂に入る前にやる

気持ちの問題ではあるのですが、トイレ掃除の後にお風呂に入る予定にしておくと、かなり本格的な掃除も苦になりません。

汚れても大丈夫という気持ちで掃除ができるので、お勧めです。

ウォシュレットが備え付けてある場合は水をかけないように注意しましょう。
水で濡れてしまうと壊れてしまう可能性が高いです。

また、酸性の薬剤を使用する場合には換気を良くしてマスクを着用し、長時間の掃除は避けるようにしてください。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定