トイレのトラブル

トイレ掃除のテクニック

トイレは家の中でも最も汚れやすく、嫌な臭いも起こりやすい場所ではないでしょうか。

汚れにくくする方法や、匂いを抑える方法など、トイレ掃除のテクニックを持っていれば、スッキリ清潔なトイレを保つことが出来ます。

解決の手順

トイレ掃除前に気をつけておきたいこと

トイレを汚さないようにする

まず基本的なことなんですが、汚れなければ掃除する必要はありません。

特に男性は座って用をたすようにすれば、かなり汚れを抑えることが出来ます。
立ったまま用を足した場合、実はかなり広範囲に小便が飛び散っています。

また、大便の時には便器の中にトイレットペーパーを一切れ敷いておくのも、便器を汚さない方法として効果的です。
トイレットペーパーがもったいない気もしますが、掃除の回数が増えたほうがトイレットペーパーやおそうじシートなどの消費が多くなると思えばいいでしょう。

汚さないように気をつけて、掃除の回数を少なくできるようにしましょう。

定期的に掃除して尿石の発生を防ぐ

これも基本ではありますが、少なくとも週に1回ぐらいは掃除をするようにしましょう。

トイレのニオイのもとは、尿石です。
尿石が発生するまでには一定の期間が必要となるため、できるだけこまめに掃除を行うことによって、尿石の発生を防ぎ、臭いを抑える効果が期待できます。

逆に、掃除をあまりやらない場合は尿石が発生して、臭いが起こりやすいトイレになります。
尿石はこすってもなかなか取ることは出来ず、強酸性の尿石除去剤を用いなければ取れないということがほとんどです。

尿石を発生させないために掃除する、という形で考えればとりかかりやすくもなるかもしれませんね。

トイレ掃除のコツ

便器から遠い所、高い所から掃除する

便器から遠くて、高い位置から掃除を始めましょう。

まずはトイレのドアノブから。
もしトイレットペーパーなどを収納している棚があれば、棚を掃除して、次にタンクの上から徐々に便器に近づいていきます。

便器も上から下に進みます。便器カバー、便器の上部から下部へ、そして床という流れで進めます。

床は、見た目が汚れていない場合でも、菌が飛び散っていますので、必ず拭き掃除をしましょう。

トイレのお掃除シートを使用している場合は、使用する面を変えながら拭いていきます。

トイレットペーパーを使用している場合は、新しいトイレットペーパーに変えながら拭いていきます。

便座の汚れが溜まりやすい箇所を重点的に掃除する

汚れが溜まりやすいのに、忘れやすいトイレ掃除の要の箇所があります。
トイレのフタと、タンクの間の部分です。
尿はねしているところにホコリが溜まってしまうこともあります。ここは毎日でもトイレットペーパーで軽く拭いておきたい箇所です。

便座のフチもトイレブラシで掃除したあと、おそうじシートやトイレットペーパーでしっかり内も外も掃除しましょう。水が流れ出してくるところですが、どうしても掃除しにくい箇所なので、取れない汚れがこびりついていきます。
トイレのフチの掃除のしづらさは、トイレ業界でも定番ですので、最近はフチなしタイプの便座も登場しているようです。

意外に忘れやすいのが、トイレの底(トラップ部分)です。流れていく先の、どこからも覗き見ることが難しい部分も、できる限りトイレブラシで奥まで掃除しましょう。

「サイホンゼット式」などで、トイレの底の水が溜まっている部分に、流れていく穴とは別の穴があいている場合があります。水を吹き出すための穴ですが、この穴の回りに尿石が固まってしまうと、スッキリと流れきれないという状況を招きます。見えにくい部分こそ、しっかり掃除しましょう。

日常的に行いたいトイレ掃除をしている動画がありましたので、参考になさってください。

歯科さんのトイレのようなので、より丁寧にされているようですが、ご自宅のトイレ場合は、できれば毎日、できなくても3日に一度くらいは、ティッシュペーパーで見える部分は拭いておいて、週に1度くらいはこちらの参考動画くらいの掃除はしておきたいものです。

 

小物はつけ置き洗い

ペーパーホルダーやトイレブラシのケースなど、トイレ内に置いている小物は、普段はお掃除シートや、スプレーを吹きかけたティッシュペーパーでホコリを取っておくだけでもよいですが、たまにはしっかりと汚れを落としてあげると良いでしょう。

これらのトイレ内の小物は、バケツに溜めた水に漂白剤を混ぜたものに漬け込みましょう。
トイレ掃除の間つけておいて、終わった時に水で洗い流すだけで、見えない部分や細かいカーブ部分などの汚れがとれてしまいます。

お風呂に入る前にやる

気持ちの問題ではあるのですが、トイレ掃除の後にお風呂に入る予定にしておくと、かなり本格的な掃除も苦になりません。

汚れても大丈夫という気持ちで掃除ができるので、お勧めです。

トラブルの内容から解決策を探す

注意事項

ウォシュレットが備え付けてある場合は水をかけないように注意しましょう。
水で濡れてしまうと壊れてしまう可能性が高いです。

また、酸性の薬剤を使用する場合には換気を良くしてマスクを着用し、長時間の掃除は避けるようにしてください。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定