トイレのトラブル

タンクの水が溜まらない

給水管とタンクの接合部にあるストレーナー(ゴミ取りの網)の目詰まりが原因と考えられます

トイレのタンクに水が貯まらなくなった際には、まずタンク内にペットボトルや洗浄剤などを入れられている場合は、それがゴムフロートに引っかかってしまっている時がありますので確認を行って下さい。

ゴムフロートに何も引っかかっていない場合は、ゴムフロートが劣化して水漏れを起こしていまっていると考えていいでしょう。 ゴムフロートの交換方法は、メーカーによって違いますので、まずはメーカーとロータンクに記されている型番の確認を行いましょう。

専用のホームページで型番を確認することが出来ます。 また、このホームページでは、ゴムフロートの購入をすることも出来るのですが、安く済ませるためにも、ショッピングサイトで購入をした方が賢明です。 

最近ではさまざまなショッピングサイトがありますが、楽天市場が品数が豊富だと思います。
フロート弁を購入されるなら、ホームセンターに行けば大体は揃っていますので、購入が出来るかと思います。

ホームセンターには、株式会社カクダイさんというメーカーで、TOTOやINAXのフロートバルブ代替商品も販売されており、安くで費用を抑えることが出来ます。
正規品ではありませんので、ご自分のトイレで使われているフロート弁の寸法を確認してから購入をするようにして下さい。

フロート弁を購入したら、メーカーのホームページを見て、作業方法を確認しながら交換を行って下さい。
カクダイさんのホームページでもフロート弁の交換方法を動画で見ることが出来ます。 とても分かりやすい説明なので、カクダイさんのホームページを見て交換作業をして頂いても良いかと思います。

タンクに水が貯まらない場合は、ゴムフロートにものが引っかかっているか、劣化をしているかのどちらかになりますので、素人でも大体は判断が出来るかと思います。

フロート弁も簡単に手に入りますので、その日のうちに修理を終えることが出来るでしょう。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定