トイレのトラブル

トイレと床の間から水漏れ

トイレと床の間から水漏れしている場合の対処法です。

なお、タンクの内部など、その他の部位からの水漏れはこちらでご確認ください。

トイレと床の間から水漏れを起こしている場合は、ほとんどの場合がフランジパテが劣化していることが原因と言われています。

フランジパテとは、排水管と便器とを接続しているところに使われている部品のことです。
フランジパテは、水漏れを防ぐ役目を果たしてくれているのですが、使用を続けていくにつれて劣化をして粘土状のものが硬くなり、割れたりしてその切れ目から水漏れをしてしまうことがあるのです。

水漏れを改善するためには、以下の作業を行って頂き、フランジパテを新しくしてあげて下さい。


手順1

水道の元栓を閉めて下さい。


手順2

ロータンク式のものの場合は、タンク内の水を全て排水して下さい。


手順3

便器に溜まっている水を排水して下さい。 灯油などを入れる際に使用するポンプを使うとスムーズに排水出来ます。


手順4

ロータンク左上にある給水管を取り外して下さい。


手順5

便器の下にあるフランジ固定ボルトの2箇所のナットを緩めて外して下さい。


手順6

便器と床材の固定ビスを2本外して下さい。 ビスは便器下の奥にあります。


手順7

便器とロータンクを一緒に持ち上げて、フランジパテを交換することが出来るくらいのスペースを取ってください。


手順8

現在ついているフランジパテをマイナストラーバーを使って外して下さい。


手順9

購入しておいた新しいフランジパテをフランジの溝に取り付けて下さい。 フランジパテは、ホームセンターで購入することが出来ます。 フランジパテは、数百円ですので事前に購入しておいてもいいでしょう。


手順10

取り外していた便器をフランジの真上から便器のボルト穴にボルトが入るように取り付けて下さい。


手順11

便器を床に戻し、ナットでフランジボルトに固定をします。 今後の故障のことも考えて、しっかりと固定をするようにして下さい。


手順12

便器奥にある床材固定ビスを取り付けます。


手順13

ロータンクに給水管を接続出来れば作業は完了です。


手順14

元栓を開け、水漏れがなく通常に排水が行われるようであれば大丈夫です。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。)

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

*各地域での水漏れ修理事例など

札幌での水漏れ修理
埼玉での水漏れ修理
千葉での水漏れ修理
東京での水漏れ修理
神奈川での水漏れ修理
横浜での水漏れ修理
川崎での水漏れ修理
名古屋での水漏れ修理
京都での水漏れ修理
大阪での水漏れ修理
神戸での水漏れ修理
広島での水漏れ修理
福岡での水漏れ修理
静岡での水漏れ修理

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定