トイレのトラブル

タンクの水が止まらない

節水の為ペットボトルなど、タンク内に異物が入っている、タンク内の水位が基準線よりも高い、タンク内のバルブやフロートゴム、タップなどの劣化などの可能性があります。

解決の手順

トイレの水が止まらなくなってしまう原因の大半が、トイレタンクが不具合を起こしていることが原因です。

トイレタンクの構造は、1度タンクを開けて頂くとよく分かるのですが、とてもシンプルで単純な造りになっています。 ですので、不具合と言っても少ないパーツのうちの1つが劣化をしてしまっていて、機能を果たさなくなっていることが多いのです。

タンクの中のパーツが老朽化して機能を果たさなくなると、タンクに貯まるべき水が便器の方に漏れ出したり、レバーを元の位置に戻しても、水が流れ続けるなどの水漏れトラブルを引き起こしてしまうのです。

タンク内のパーツの劣化以外にも、タンク内に異物が入っていたりすると、通常の水の流れとは違う流れになり、排水の機能を邪魔してしまうのです。

トイレの水が止まらなくなってしまったとき、自分で対処する方法があります。 まず、水の流れを強制的に止めるために、止水栓を閉めて下さい。そしてタンク内のパーツがきちんと機能しているかを確認しましょう。

タンク内に水が貯まっていない場合は、浮き玉が駄目になっている可能性があります。
浮き玉は移動をしますので、場合によっては、正しい位置にないことで機能をしていないこともあります。

他には、浮き玉についているポールタップや排水弁についているゴムフロートが劣化していることも考えられます。 ポールタップは、タンクの下の方にあるので、汚れがついている可能性もあります。 汚れが付いている場合は、綺麗に洗ってあげましょう。

ゴムフロートやポールタップのパーツが駄目になっている場合は、ホームセンターで新しいものを購入して、交換をして下さい。 トイレタンクに使われているパーツは、ほとんどがホームセンターで揃えることが出来るので、自分で修理することは出来なくはありません。

しかし、細かいパーツを慣れない方が修理をすれば、状況を悪化させてしまう可能性もあります。
自分で修理が出来ないと思われたら、水道業者の方を呼ぶのが1番です。

トラブルの内容から解決策を探す

注意事項

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定