トイレのトラブル

レバーをひねっても水が流れない

水洗レバーをひねっても水が流れない場合の対処

  • ウォーターポンププライヤー

トイレで排水のレバーをひねっても水が流れない場合、タンクの蓋を開けて水があるかの確認を行って下さい。

タンクの蓋を開けてみて水が貯まっていない場合は、止水栓が閉められていて給水が出来なくなっている可能性が非常に高いです。

タンクに水が貯まっている場合は、タンク内にある浮きゴムとレバーをつなげる鎖が切れていたり、外れてしまっていたり、たるんでしまっているなどの原因が考えられます。

トイレの水が流れないときの応急処置としては、バケツに水をたくさん汲み、便器に勢いよく流し込んで下さい。

トイレで排水のレバーをひねっても水が流れない場合の原因は以下の4つになります。


原因1:止水栓が閉まっている

止水栓が閉まってしまっていた。 止水栓は水を流す元栓みたいなものですので、そこが閉まっていれば当然ながら水を流すことが出来ません。止水栓が閉まっている場合は、ただちに開けるようにして下さい。


原因2:ゴムフロート(フロート弁)が可動していない

タンク内にあるレバーの鎖が傷んでしまっていたり、切れてしまっていると、水が流れなくなることもあります。 鎖にサビや汚れが付いていたり、鎖がたるんだりしている場合も、浮き球が正常な動きをしなくなりますので、水をタンク内に貯めることが出来なくなります。
鎖に何らかの異常がある場合は、鎖の修理を行うようにして下さい。 鎖を交換する場合は、ホームセンターに部品が売っていますので購入をして下さい。


原因3:浮き球が完全に浮いていない

浮き玉が引っかかってしまっている場合も、水が流れなくなってしまいます。 浮き玉は、排水の度に動きますので、その際に壁に引っかかってしまうこともあるのです。 浮き玉がどのような動きをしているのかしっかりと確認をし、正常な位置に浮き玉を戻してあげて下さい。


原因4:ボールタップが動かなくなっている

ボールタップが動かなくなっていると、トイレの水は流れなくなります。 
ボールタップはタンクの下の方にあることから、水あかやゴミが付着しやすくなっています。 水あかやゴミが付着すると、ボールタップの動きが悪くなって水が流れなくなることもあるのです。 ブラシやサンドペーパーを使って、汚れを綺麗にとってあげて下さい。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定