トイレのトラブル

ウォシュレットからの水漏れ

【予防策】


水まわりのプロでない限り、ウォシュレットからの水漏れを予防するには、大切に使うことくらいしかできません。ポイントは、温度と湿度と汚れです。この3点に気を付けることによって、パッキン等の劣化を遅らせることができます。

 

-温度-


真夏に長期間家を空ける場合などは、熱気がこもらないように、換気される状態を確保しておきます。
凍結が予想される場合は、トイレ内の温度を保つか、取扱説明書に従って水抜きをしなければなりません。

 

-湿度-


湿度の高い状態が続くとカビの発生を誘発し、パッキン等の劣化につながる場合があります。トイレ内の空気を停滞させず、こまめに換気するようにしましょう。

 

-汚れ-


ほこりが溜まったり、湿気によってこびりつくような場合、劣化に繋がる場合があります。便器や床面のみならず、ウォシュレット本体や接続部の掃除もこまめに行いましょう。

 

 

【トラブルの原因】


ウォシュレットの水漏れの場合、漏れている水の量によって判断が分かれます。そこそこの量だと感じたら、本体に損傷がある可能性が高いです。ポタポタと漏れている程度なら、パッキンの劣化や損傷である可能性が高いです。

  • プラスドライバー
  • パッキン

ウォシュレットからの水漏れが起こってしまっている場合は、機能の関係上から専門業者に基本的には修理を依頼するのが賢明です。

特に水漏れの量が多い場合や、勢いが激しい場合は、本体に損傷がある可能性が非常に高いことから、素人だけでは修理をすることが極めて難しいと言えます。

水漏れの量が多い場合や、勢いが激しい場合は、応急処置として、水が出る元栓の役目を果たしている止水栓をドライバーで閉めて水が出ないようにし、専門業者にすぐに修理の依頼をするようにしましょう。

水滴がポタポタと落ちているくらいの水漏れであれば、自分でどうにか直せるかもしれないと思われるかもしれません。
しかし、ウォシュレットは複雑な構造になっていますので、専門業者を依頼した方が、へたに触ってしまい状況を悪化させるようなことも防げるかもしれません。

ただ、ウォシュレットの複雑な構造をきちんと理解していて、日曜大工などを普段からされているDIYに自信があると言う方であれば、以下の手順でパッキンの交換をして水漏れを改善させることが出来るかもしれません。
この際の水漏れの状況は、パッキンの劣化によって水漏れが起こっていることを前提としていますので、ポタポタとゆっくり水漏れを起こしているような状況に限ります。


手順1

作業を行うために、まず止水栓をドライバーで閉める。 右にドライバーを回すと止水栓はしまるようになっています。


手順2

水漏れを起こしている箇所を探して、その部分のパッキンを新しいものに交換をする。 パッキンは、きちんとサイズを確認して、サイズの合ったものをはめるようにして下さい。


手順3

止めていた止水栓を開けて、水が出る状態にする。


手順4

上記の1~3の工程を行ったにも関わらず、水漏れが続くようであれば、パッキンの劣化が水漏れの原因ではありません。


専門業者の方に依頼をして、きちんと修理をしてもらって下さい。

ウォシュレットは電化製品です。トラブルが発生した場合、よほど知識に自信がある方を除いては、水漏れ以外のトラブルも含めて、専門業者に連絡をすることをお薦めします。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定