トイレのトラブル

便座が古くなった・故障した

便器が古くなったので取り替えたい

トイレの便座には、普通タイプと大型タイプの2種類のタイプに分けられます。

それぞれの便座の見分け方は、便座先端から取り付け穴までの寸法を測ることで分かります。

便座先端から取り付け穴までの寸法が44cmのものを普通タイプ、47cmあるものを大型タイプと区分けをしています。

便座が故障をした場合や古くなって交換をする場合は、まず、便座を取りつけている樹脂製のナットを外して下さい。 なぜナットを外すかと言いますと、新しく購入をして取り付ける便座には、専門工具が取り付けられていますので、古いものを使う必要がないのです。

取り付けているナットが固くなってしまっている場合は、使用を続けても問題がありませんのでそのままにしておき、新しいナットは作業場にあるとさまざまな工具と混ざってややこしくなりますので、除けておくようにしましょう。
トイレの便座の細かいところまでは、普段の掃除ではなかなか手が行き届きません。 こういった機会にしか掃除が出来ない取付基部には、洗剤をつけて綺麗に磨いてあげましょう。 
汚れが気になるという方は、古い歯ブラシを使うと、細かい汚れまで綺麗に落とすことが出来ます。

掃除が終わりましたら、新しい便座に固定用金具を取り付けていきます。 左右のシャフトに挿すだけの簡単な作業ではありますが、金物の向きがきちんと決まっていますので、説明書を事前に確認しておき、間違いのないように取り付けを行って下さい。

取り付けパーツを便器の穴に通すことが出来れば、付属のパッキンをしっかりとはめて、次に樹脂製のナットを取り付けます。
ナットが左右ともきちんと締め付けていることを確認出来たら、新しい便座の取り付けが完成します。

トイレの便座は、必要な工具さえ揃っていれば、素人でも説明書を見ながら簡単に取り付けを行うことが出来ます。

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定