トイレのトラブル

便器に携帯電話などを流してしまった

解決の手順

トイレに携帯電話を持ち込んで、万が一携帯電話と便器の中に落としてしまった場合、落としてしまった携帯が便器の中に見える場所にあれば、ゴム手袋やラバーカップを使用してご自身で取り出して頂くこと出来ます。

携帯電話が使用出来るかどうかの問題は別として、手元に携帯電話が戻ってくることは確実です。

もし、携帯電話が便器に落ちていることに気付かずに排水レバーを引いてしまったりした場合は、携帯電話が便器の奥に流れ込んでしまっていることもあります。

そんなときは、携帯がトラップの奥に詰まっているという可能性が非常に高いです。 普段から便器の水が溜められている部分は、トラップ構造と言われるもので、排水の際に流れる水は1度上昇をしてから流れるような仕組みになっています。

なぜ、1度上昇をしてから流れるような仕組みになっているかと言いますと、配管から外気の風が入ったり、臭いが侵入したり、虫やネズミが入り込むのを防ぐため、このような構造になっているのです。
出来るだけ外のものがトイレの配管内に侵入しないような構造になっていますので、携帯電話のような重さの あるものは、このトラップ構造を超えてしまうようなことはまず無いと考えて頂いてもいいでしょう。

ですので、便器を見ても携帯電話が見当たらない場合は、携帯電話は水が溜まっている配管の奥の方に沈んでしまっていると考えられるでしょう。
携帯電話が便器の置くまで流れ込んでしまっている場合の携帯電話の取り出し方法としては、まず水道の元栓を閉めてトイレの排水が行われないようにして下さい。

次に今溜められているタンクの水を流して空っぽの状態にします。

便器のボルトを外して上に持ち上げてひっくり返すと、トラップの出口から携帯電話が出てくるようになっています。 これらの作業は、工具さえあれば自分で行うことが出来ます。要領の良い方であれば、簡単に作業をすることが出来るでしょう。

ただ、携帯電話を取り出した後に、元の状態に直さなければなりませんので、ネジを壊してしまったり、ハンドルをきつく締め過ぎるようなことだけはしないよう注意をして下さい。

トラブルの内容から解決策を探す

注意事項

自分で直せそうなものは工具があれば一度トライしてみましょう。意外に簡単に直せる時もあります。

そこで注意したいのが、修理時や元に戻す時、ネジ山を潰したり、工具で締めすぎないこと(あまり締めすぎるとハンドルが硬くなったり、錆びている場合、そこが折れたり欠けたりする事もありますので注意してください。

また色々修理していると隣接している場所から漏水する場合がありますので慎重に行う必要があります。

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定