トイレのトラブル

止水栓からの水漏れ

【予防策】


こまめな掃除と換気が唯一最大の予防策です。老朽化や経年劣化はやむを得ないと割り切り、それを如何に遅らせるかを考えると、温度、湿度、汚れの管理をする以外に方法はありません。即ち、掃除と換気です。

 

【トラブルの原因】


温度、湿度、汚れ等による経年劣化が原因の場合が多いです

止水栓から水が漏れてきてしまっている場合は、どんなに状態が軽くても、自分で修理をするようなことはしないで下さい。

まず考えて頂きたいことは、水をどのようにして止めるかということなのです。
 ご自身で行うことは、水をどうにかして止めるという作業だけで、あとは専門業者に連絡をして、プロにきちんと状況を見て頂き、修理をしてもらうようにして下さい。

ですので、止水栓から水が漏れてきているのを発見した場合は、まず、漏れている水を止めることだけに集中をして下さい。
止水栓の水を止める方法としては、以下の方法があります。この方法は、どなたでも簡単に出来る作業なので心配はいりません。
ただし、作業内容以上のことをしてしまうと、水漏れの原因を悪化させてしまい、さらに水が出てきてしまう可能性もありますので、気をつけて下さい。 必ず以下の作業だけを行うようにして下さい。

 


手順1

止水栓をマイナスドライバーで閉める。右に回すと閉まるようになっています。決して左には回さないで下さい。


手順2

止水栓が劣化していて固くなっているときは、マイナスドライバーを使っても回らないこともあります。
そのときは、無理に回そうとしてしまうと配管が折れてしまい、水が溢れ出てしまう可能性もありますので、対策としては、家屋全体の元栓を閉めると良いでしょう。
一戸建ての住宅の場合は、宅地内の地面に必ず元栓があります。マンションなどの集合住宅の場合は、玄関横にあるパイプシャフト内にあることが多いです。


手順3

ここまでの作業が完了すれば、専門業者に連絡をして状況を説明し、早急に修理に来てもらうようにして下さい。 止水栓から水が漏れてきてしまっている場合は、水漏れの状況が軽くても、必ず専門の業者に依頼をしてプロに修理をしてもらって下さい。


むやみに素人が触ってしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

止水栓からの水漏れの場合、「直そうとする」ことよりも「水を止めること」だけを考えてください。止水栓若しくは元栓で止めることができましたら、すぐに専門業者に連絡してください。

水道1番館のサービスポイント
最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定