トイレのトラブル

トイレの水漏れ修理

トイレの水漏れを自分で直すには

トイレは家庭内の水回りでもトラブルの起こりやすい場所と言えます。

水漏れが起こる箇所で考えても、給水管・配水管などのパイプ類、タンク、床下、便器、ウォシュレットなどあらゆる場所から水漏れが起こりえます。

もし、トイレで水漏れが起きてしまったらどうなるでしょう?
タンクなど、便器を通過する前でしたら、他の水回りと同じような感じかもしれませんが、便器を通過した後の水が漏れてしまったら、どうなるでしょう?
たとえ便器をピッカピカに掃除してあったとしても、便器を通過した水だと思うと、菌やニオイなど、目に見えない何かを想像してしまい、決して良い気持ちではいられません。
人によっては、床を張り替えたいと思う人もいることでしょう。
何よりその状態では、用を足すことができません。
家にトイレが一か所しかない多くの家庭では、ちょっとしたパニックになってしまいます。

水漏れの原因にもよりますが、緊急性の高いトイレの水漏れを、自力でなんとかできる方法を解説していきます。
​但し、トイレの水漏れ修理は緊急性が高いので、ちょっとでも「難しい」という気持ちがあるならば、早めに専門業者に修理を依頼するのが良いと思います。

このページの目次

解決の手順

配水管や給水管などパイプ類からの水漏れ

パイプから水漏れ

タンクに水を送る給水管、タンクから便器に水を供給する配水管、手洗い管など、パイプ周りからの水漏れは、多くの場合、長年の使用によるゴムパッキンの劣化であったり、接続部のバルブやナットが緩んでしまっていることが原因だったりします。

修理の難易度は低めですので、腕に覚えのある方は、以下の手順に従って、トライしてみてください。

手順1 止水栓を閉める

他の水回り箇所同様、水の供給源を断つのが、修理の第一歩です。
トイレの壁とタンクを結ぶ管の壁側を見ると、いかにもマイナスドライバーで回りますよ、とアピールしているパーツが目につくと思います。
これが止水栓です。止水栓の種類
ここにマイナスドライバーを差し込み、時計回り(右回り)に回せば、水を止めることができます。

トイレの止水栓を閉める
トイレの種類によっては、付属品で開閉工具がついていることもありますので、その場合は開閉工具を使用してください。

ウォシュレットが付いているお宅は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないように注意しましょう。

止水栓が固くて回せない時や、見当たらない時は、家全体の元栓を閉めてください。
戸建ての場合は宅地内の地面に、集合住宅の場合は玄関横のパイプシャフト(金属の扉)内にありますので、止水栓同様、時計回りに閉めてください。

手順2 該当箇所を分解する

パイプ類を外す際に、パイプ内部に溜まっている水が床に落ちないように準備します。
バケツかそれに近いものと、雑巾・ボロタオルがあれば大丈夫です。
修理箇所の下にバケツを準備したら、まずは水漏れ箇所と思われる部分のバルブやナットを閉めてみてください。
少しでも閉まるようでしたら、そこの緩みが水漏れの原因の可能性が高いと思います。
しっかり閉まっているようでしたら、今度は逆にバルブ・ナットを緩めてください (垂れてくる水はバケツで受け、飛び散った水は雑巾で拭いてください) 。
恐らく内側のゴムパッキンが劣化・変色していると思いますので、新しいものと交換してください。

手順3 元に戻す

ゴムパッキンの交換まで終わったら、バルブ・ナットをしっかり閉め、止水栓を開いてください。
家の元栓を閉めた場合は、それも開いてください。
バケツと雑巾はそのままにし、試しに水を流してください。
​水漏れが直っていれば、バケツ・雑巾を撤収して、修理完了です。

トイレタンク内の水漏れ修理

トイレのタンクの中の水が止まらない

水洗トイレのタンクから「ちょろちょろちょろ~」といった水の音がして、いつまでたっても止まらない場合、タンク内で水漏れが発生している可能性が高いと思われます。

タンク内の水漏れというのは、略式図にあるオーバーフロー管よりも水位が上がってしまった場合と、タンク下部のゴムフロートが上手く機能しなくなった場合に起こります。

オーバーフロー管というのは、通常よりも水位が上がった場合に、タンクから水が溢れてしまうのを防ぐ役割を果たすものですから、オーバーフロー管を通して排水されている状態は「異常(=水漏れ)」状態なのです。

ゴムフロートというのは、レバーをひねった時に浮き上がって水を放出し、放出後に元の位置に戻って栓をする役割を持っていますが、上手く元の位置に戻らない場合に水が流れ続けてしまいます。

タンクの水漏れについては大きく分けて、タンク内での水漏れとタンクの結合部での水漏れの2つあります。
どちらの水漏れも放置するとひと月に何千円も損をすることになりかねないので、可能な限り早く修理することをおすすめします。

手順1 水道の元栓を締める

トイレの止水栓を閉める
水回りの修理全般に言えることですが、まずは水道の元栓を閉めて、部品を緩めた際に水浸しにならないようにしておきます。

トイレの場合は止水栓があることがほとんどだと思うので、こちらを閉めてください。
これを怠ると2次的な被害が発生する危険が高くなるので、必ず元栓を閉めてから作業を始めましょう。

手順2 水漏れ箇所を確認する

タンク内の水漏れでは、前述の通り、オーバーフロー管から水が溢れてしまっている場合と、ゴムフロートがうまく水をせき止められずに漏れてしまっている場合の2つのケースが考えられます。この2つの水の出口のいずれかが原因であることはほぼ間違いないので、じっくりと観察し、水漏れの元を確認しましょう。

手順3 水漏れの原因を解消する

トイレタンク内部の構造

オーバーフロー管から水漏れしている場合

オーバーフロー管よりも水位が高い場合に、まず確認すべきは漏れている水の音です。ちょっとの水が「ポタッ、ポタッ」と漏れているような音ならば、ボールタップ内にあるピストンバルブの劣化を疑いましょう。

ボールタップはタンクに水を送り込むパーツですが、ピストンバルブが劣化すると、水をキッチリ止めることができなくなるのです。バルブのパッキンを交換することによって水漏れを止めることができます。

また、浮き玉そのものに問題がある場合もあります。手でちょっと持ち上げることで「ポタッ、ポタッ」が停まる場合は、浮き玉そのものの破損、支持棒、浮き玉についているチェーンの破損の考えられますので、それらパーツの交換が必要になります。

また、何らかの原因(ゴミが詰まっているなど)によってボールタップ弁が上下できにくくなっていないかも確認しましょう。

ゴムフロートから水漏れしている場合

ゴムフロートはレバーをひねった際に浮き上がり、タンク内の水を放出する役割を持っています。前述の通り、水を流すたびに浮くので何かの拍子に元の位置に戻れなくなる可能性があります。

よくあるのが、ゴミが詰まったり、節水のために何かをタンクに入れている場合にそれが挟まるといったことです。(節水のために何かを入れるのは、トイレつまりの原因になる場合があるのでオススメ出来ません)
また、レバーとゴムフロートをつなぐチェーンの調整がおかしくなっている場合もありますので、こちらも確認します。

原因を取り除いたら、水漏れしていないかどうか確認します。

手順4 水道の元栓を開ける

最後に手順1で閉めた水道の元栓(止水栓)を開けて、水漏れが解消されたのか確認します。
水がチョロチョロと流れる音がしなければ、完了です。


トイレタンクの構造と、タンク内部の各部品がどのように動いているかを詳しく解説している動画がありました。水漏れ箇所がわからない場合も、わかっていて直す場合も、事前に部品の正しい動きを確認しておくことをオススメします。

 

トイレの床から水漏れ

トイレの床が水漏れ

床が濡れる原因として考えられるのは、
(1)タンクや便器などになんらかの衝撃が加わってヒビが入っている場合
(2)便器と排水管との接続部分の不具合の場合
(3)給水パイプ等が破損している場合
の3つくらいでしょうか。

(1)と(3)の場合は、素人では難しいので、専門業者に依頼して修理・取替をしてもらうのが妥当だと思います

(2)については、DIYなどをやる人であれば、対応可能です。フランジというプラスチック製のパーツが便器と排水管を繋いでおり、その溝に使われている「フランジパテ」の劣化を補修してあげれば良いだけなのです。数百円で購入できるパーツですから、以下の手順で試してみてください。

手順1 水道の元栓を締める

トイレの止水栓を閉める
タンク内の水漏れの場合と同様、まずは水道の元栓を閉めて、部品を緩めた際に水浸しにならないようにしておきます。

トイレの場合は止水栓があることがほとんどだと思うので、こちらを閉めてください。

手順2 排水する

元栓の後は、水の流れの川上部分から水を抜いていきます。まずは、タンク内、次に便器に溜まっている水という順番です。灯油などの時に使うポンプがあると作業の負担が軽減されます。

手順3 解体する

ロータンクに水を供給する給水管を外します。
便器下のフランジ固定ボルトのナットを外します。
便器下の奥川にある固定ビス2本を外します。
便器とロータンクを持ち上げて、補修可能な程度に横移動します。

手順4 補修する

まずは、劣化して硬くなったフランジパテをマイナスドライバー等で取り除きます。キレイになったら、新しいフランジパテを溝に取り付けます。

手順5 元に戻す

解体と逆の手順で元の状態に戻していきます。
元栓を開けて水漏れなく流れれば完了です。

便器からの水漏れ

便器から水漏れ

便器からの水漏れはそのほとんどがひび割れや結露です。

タンクと便器の結合部での水漏れならばパッキン等の交換で直すことが出来ますが、ヒビ割れの場合はパテなどで応急処置するぐらいしか方法はありません。

しかしながらあくまで応急処置ですので、早めに交換することをおすすめします。

そのまま使用を続けるとひび割れが更に大きくなってしまうかもしれません。

便器を交換する場合、排水などの重要な接続部分もありますので、無理をせずに専門業者に依頼することをおススメします。

結露については、ちょっとした気遣いで解決できる場合があります。
そもそも結露は、タンクや便器に溜まっている水と外気温との温度差が原因で生じます。
イメージしやすいように説明するならば、夏場、冷たい飲み物の入ったグラスに付く水滴のようなものなのです。
それが少しずつ溜まり、大きくなった水滴が床に流れ、それが少しずつ床に溜まって、水漏れのように見えるのです。
原因が水と外気温との温度差ですので、解決法は温度差を小さくするということになります。
​トイレを使わない時にドアを開けておくとか、換気扇を回しておくとか、トイレに窓がついているならばそれを開けておくなど、換気を良くしておくことが、結露防止にもつながるのです。

温水洗浄便座からの水漏れ

ウォシュレットの水漏れ

水漏れの中で最も修理の難易度が高いのは温水洗浄便座かもしれません。

他の水漏れについては、水の流れに沿って水漏れ箇所を特定し、そこを補修するという単純な工程ですが、ウォシュレットは電化製品です。しかも精密機械と言っても過言ではない程、色々な機能を搭載しています。

修理を試みた結果、水漏れどころか故障の具合をひどくしてしまったという話もネット上で見たことがあります。コードに水がかかって火災を起こしたという話もあります。

水回りとは言っても、異質で特殊な場所ですから、基本は専門業者に修理を依頼するようにしてください。それでも自分で何とかしたいという人は、以下の手順で修理してみてください。

手順1 水道の元栓を締める

トイレタンクには殆ど止水栓がついていますが、温水洗浄便座の場合はさらに洗浄用の止水栓もあります。わからなければ、水道の元栓を閉めて、部品を緩めた際に水浸しにならないようにしておきます。
元栓を閉めても、パイプ内に残っている水が出てくることがありますので、雑巾などは用意しておいてください。

手順2 水漏れ箇所を探す

温水洗浄便座の場合、細かいパーツだらけなので、手鏡(もしあるならば歯医者さんが使っている、棒に丸い鏡が付いてるヤツ)があると、便利だと思います。

手順3 原因と判断

水漏れ箇所から原因を突き止め、自分で修理可能なのか、専門業者に依頼するのかを判断する。

汎用パッキンやボルトが原因と思われる場合は、ホームセンターで購入できますし、修理の難易度も高くないので自分でやっても良いと思います。

パッキンやボルトの問題ではなく、パーツそのものに原因がありそうな場合やよく分からない場合はすぐに専門業者に依頼しましょう。下手にチャレンジするリスクが、他の場所に比べて高すぎます。

手順4 元に戻す

パッキンやボルトを交換したら、元に戻して試用してみましょう。水漏れがおさまっていればよし、そうでない場合は専門業者に依頼しましょう。

トラブルの内容から解決策を探す

注意事項

水回りのトラブルでは部品を交換しなければ修理できないということが多くあります。

水漏れに関しては、たいしたことないと思っていても長い目で見ると数千円から数万円の無駄な水を流すことになりかねないため、早めの解決をおすすめします。

交換用の部品がない場合などは、専門業者に委託したほうが結果として安上がりなことも多いので、まずは連絡してみましょう。

*各地域の水漏れ修理事例など

札幌での水漏れ修理
埼玉での水漏れ修理
千葉での水漏れ修理
東京での水漏れ修理
神奈川での水漏れ修理
横浜での水漏れ修理
川崎での水漏れ修理
名古屋での水漏れ修理
京都での水漏れ修理
大阪での水漏れ修理
神戸での水漏れ修理
広島での水漏れ修理
福岡での水漏れ修理
静岡での水漏れ修理

 

 

 

水まわりの秋霖は、手間とリスクが伴います。スピーディに、確実に修理をお考えなら水道1番館サービススタッフにお任せください

水道1番館のサービスポイント

最短30分で訪問、24時間365日受付

水道1番館 安心の価格設定